【満員御礼!キャンセル待ち】取材ができるライターになろう!7月に京都でインタビュー講座を開催します!

広告

京都でライターお悩み相談室を始めてから、1年半。皆さんの悩みに対して相談にはのれるし、アドバイスもできるけど、ライター仕事に関してのノウハウを詳しくお伝えすることは、小さなお茶会の中では難しいなとずっと思っていました。

 

そして昨年から同志社女子大で、単発で「企画の立て方」ワークショップや「インタビュー講座」を何度か担当させてもらい反響があったことから、この講座を一般向けにも出来ないかなぁと考え、ちょっと今回初めて自主開催してみることにしました。

 

というわけで、

 

\7月にインタビュー講座を開催します!/

 

名刺交換した数から考えると、これまでにおそらく1,000人以上にインタビューをしてきたライター歴12年の江角悠子が、どんな風にインタビューを進めているのか?

 

●インタビュー前に準備していること
●当日何に気をつけて話を聞いているのか?
●インタビュー中にしてはいけないこと
●いい原稿を書く上で必ず聞いておくべきこととは?

などなど

 

インタビューのやり方をより具体的に、何をどうしているのか? エッセンスをぎゅっと凝縮してお伝えしたいと思います。

 

日程:7月10日(水)
時間:13:00〜15:45
場所:保存食Lab(出町柳から徒歩4分
費用:7,560円(税込)お茶・菓子付き
定員:6名

 

当日は実際にインタビューをするワークを交えつつ、私の培ってきたものを全てお伝えできたらと思っています。

 

 

場所は、大好きなお友達・なほちゃんのお店「保存食lab」の空間をお借りすることにしました(当日は、なほちゃんに美味しいお茶とちょっとしたお菓子も用意してもらおうと思っています!)

 

静かでゆったりとした空間で、みっちりお話できたらと思います。

 

お申込はこちらからお願いします!

お申込フォーム

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!