【お仕事しました!】雑誌「婦人画報」5月号で、島田耕園さんの五月人形を紹介しています!

  • ブックマーク

こんにちは。京都で活動しているライターの江角(@ezu1030)です。

4月1日発行予定の「婦人画報5月号」お取り寄せページにて、京都は二年坂に工房を持ち、御所人形を手掛ける島田耕園さんのぺージの取材・執筆をしました!

created by Rinker
¥1,222 (2020/05/30 13:06:09時点 楽天市場調べ-詳細)

広告

お取り寄せ冊子

記事で紹介している島田耕園さんの商品は、お取り寄せの公式サイトからも購入可能!

今回紹介している小さな五月人形(小御所人形)を弟夫婦に贈りたくて、受付スタートしたら購入する予定。毎回、すごい人気であっという間に売り切れてしまうので、今からドキドキしています(笑)(豆御所人形は、我が家も長男のために購入済み

今回も撮影は、巨匠・久保田さん、場所は祇園のカフェ万治さんにお世話になりました!ありがとうございます!

本誌の特集は「瀬戸内国際芸術祭」

今年は島々を舞台に3年に1度開かれる「瀬戸内国際芸術祭」の年だそうで、特集は「瀬戸内アート&イートの旅」

「瀬戸内国際芸術祭」には6年前に行ったのですが、めちゃくちゃ楽しかった!もっとゆっくり見たい!また来たい!と強く思ったことをよく覚えている。自然の中で見るアートの面白さ。瀬戸内という場所の持つゆるやかな空気感も良くて、本当に最高だった。

本誌で紹介されているアートや、おいしそうなグルメを見ていたら、もう今すぐにでも行きたくなった!あぁ、いいなぁ、瀬戸内。

というわけで、本屋さんなどで見かけたら、ぜひ手に取ってみてみてください!

created by Rinker
¥1,222 (2020/05/30 13:06:09時点 楽天市場調べ-詳細)

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。