京都祇園・花見小路通からすぐの「万治カフェ」へ。手土産にぴったりな焼き菓子もありました!

  • ブックマーク

先日、取材終わりでなんとも素敵なカフェへ連れて行ってもらいました! それは祇園・花見小路通から1本西に入ったところにある「万治カフェ」さん。昨年秋にオープンしたばかりなんだそう。

text by:江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



花見小路通からすぐの「万治カフェ」

万治の万は「一」+「力」で「万」ということで、ここはかの有名な一力さんとゆかりのあるカフェ。

サイトには

文久元年一力亭より分家し、代々祇園とともに生きていた先代・杉浦万治。
人々から「万じさん」と呼ばれ親しまれていた先代の生家を、ゆったりとした空間に設え直し、カフェとしました。

とありました。そう、ここは元々家だったとのことですが、家だったとは思えない、広くて、ものすごい贅沢な空間が広がっていました。

坪庭は2つありました!全体的にゆったりとした優雅なしつらえ。

北欧風のモダンな家具も素敵だし、右を見ても左を見ても、とにかく素敵。

天井まで素敵。

和風とモダンが美しく融合している感じ。大好き。

 

スイーツメニュー

そして気になるスイーツメニュー。カフェで提供されているスーツは、オーナーのお店、山科「Cattleya(カトレア)」のものだそう。

写真は「できたてモンブラン」と紅茶のセット。1300円くらいだったかな…。

モンブランは注文が入ってから、クリームを絞って完成させるから、「できたて」というネーミング。紅茶は砂時計が落ち切ったら、飲み頃に。

お皿にのっている白くて丸いものは、まるで大福のように見えますが、こちらは丸い形をしたショートケーキ!

パカっと開くと大きなイチゴがスポンジが見えます。いちご大福のようだ。

コーヒーは「ほぼ日刊イトイ新聞」でも取り上げられたという「ヤマダのコーヒー」。

ミルクもお願いしたら、つけてくれました。フレッシュじゃないのがうれしい。すっきり飲みやすかった!

そして注目は、器!

毎年春に開催される「都をどり」を見に行くと、お菓子と抹茶を頂くのですが、そのときにお菓子を乗せて出されるのが、このだんご皿。見に行った人だけがお土産として持って帰れるのです。このお皿が本当に可愛らしい。

年代や作家さんによって、微妙に描かれている団子の大きさや数も違うのが、面白い。裏を見ると作家さんの落款が入っています。

 

手土産にぴったりな焼き菓子も販売

店舗に入るとカフェスペースとは、別に焼き菓子を販売する一角もありました。

こちら京都らしい6種のお味の入った缶クッキー。提灯やちどりの形も可愛らしいし、

味わいも京都をイメージしたもので、パッケージも可愛らしく、京土産にぴったり!!

石畳が続く京都らしい風情漂う花見小路通からも近いので、これから大勢の人でさらに賑わいそうです!




 

万治カフェ


京都市東山区祇園町南側 570-118
075-551-1111
11:00 〜 19:00 水曜日定休
https://manjicafe-gion.jp/

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。