ひらがなを覚え始めた4歳娘の書く文字が可愛いので、見てほしい。

しまじろうの「こどもちゃれんじ」をと続けているせいか、分からないけど、最近4歳の娘がひらがなの勉強を自主的に始めた。

そして、覚えたてのひらがなを駆使して、お手紙を書いてくれる。

お手紙には、おかえさん いつも えがおで かわいい と書いてあります。

そして私の似顔絵には、ピアスも。ピアスに特別な思い入れがある4歳。

この全然整っていない ひらがなの可愛さ!!!

わたし
これ以上、字がうまくならないで欲しい…

とすら思う。

ぺらぺらのメモは、すぐになくしそうなので、いちいち写真に収めて残している。

文字列がタテだったり、右から左に読むようになっていたりして、たまにクイズのようなんだけど。

本当になんて可愛い字を書くんだ!

という記録。

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は4月22日スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。