雑誌「婦人画報」で記事を担当しました。2月号はパン特集!!

  • ブックマーク

こんにちは。京都で活動しているライターの江角(@ezu1030)です。

ただいま発売中の「婦人画報2月号」お取り寄せページにて、京都は二年坂に工房を持ち、御所人形を手掛ける島田耕園さんのぺージの取材・執筆をしました!

「婦人画報」2月号は、パン特集!

今回の特集は、なんと!私の大好きなパン・パン・パン!

里にあるパン屋さん、旬のパンなどある中で、京都のパン屋さん特集も4ページくらい組んであって、興味深く隅々まで読んで堪能したのでした(あぁ、今すぐにパンが食べたい)

私が過去にブログで紹介したことのある「喫茶とパンdo」「ナカガワ小麦店」「ブレッド ツクネ」「レブレドオル」などなどが、可愛らしいイラストマップとともに載っていました。

【店内全品5倍】婦人画報 2019年2月号【雑誌】【3000円以上送料無料】

お取り寄せページで「ひな飾り」を紹介

さて、私が記事を担当したのは、こちら。「島田耕園人形工房」さんのアイテム2点を紹介しています。

ひな人形の可愛らしいたたずまい、おとぎ箱が放つ特別な存在感に、その場にいた女性みんなが「可愛い〜」「ほしい〜」と言いながらの撮影だったのでした。

記事はWEBでも読めます!

本屋さんで見かけたらぜひ手に取って見てみてください〜。

【店内全品5倍】婦人画報 2019年2月号【雑誌】【3000円以上送料無料】

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。