ラミデュパン&レ・ブレドオル…最近お気に入りのパン屋さん

広告

出産してからというもの毎日、変わり映えのない日々を過ごしているため、
私の中の暦は5月でストップしており。
今日から7月だなんて、全くついていけません!
まだ葵祭終わったくらいの感覚なのに、もう祇園祭とか!
 

さて、ほとんど外出もしていないここ最近、
毎日の小さなお楽しみといえば、朝のパン。

大好きなパン!パン!パン!

出産して病院を退院となったその日に訪れたのが、北山堀川辺りにある、ラミデュパン

ラミデュパンは、作家さんたちが住んでいることで有名なあじき路地に
毎週日曜日だけ出店しており、そこの「日曜日のパン屋さん」を取材させてもらって以来、
すっかりハマっています。 入院中からずっと食べたくて。
 

 

こちらは、本店の外観。
店内には、京都で一番、いや日本でもここにしかないという大きな石窯があります。
薪をくべて石窯を温め焼き上げるパン。

これはある日買ったパンの一部。

ハード系のパンが多く揃っています。
私は生地のおいしさがよく分かるハード系が好みなので、
行くたびにもう大人買いしてしまう。(そして、冷凍保存)
 

パンを作っているのは、フランスからやってきたパン職人のヴィンセントさん。
取材させてもらったとき、
「パンのおいしさは焼き立てでは熱くてよく分からない、
冷めたときにこそ、その本当のおいしさが分かる」
と言っていたんですが。食べれば納得。
ラミデュパンのパンは、温めなくても、そのままで充分においしい。 
 

クロワッサンも本当パリで食べた味って感じで、すごくおいしい。
チョコの入ったクロワッサンがおいしすぎて、いつも家に着くまで待てず、
帰りの車の中で食べてしまいます。
(写真撮る前に食べてしまい、写真なし)

 

クリームチーズの入ったパンが一番好きなんですが、
お昼過ぎに行くと、たいてい売り切れています。

 

ここ最近は、いつも売り切れで食べられず…残念 。

 

——-

もう一軒、最近よく行くのが、下鴨にあるレ・ブレドオル
減農薬の野菜やオーガニックな食材を扱うお店HELPの系列店で、
息子がミルクアレルギーの頃、牛乳やバターを使わない食パンを売っているというので
よく行っていました。
 

 

 

パンもおいしいのですが、行くと買わずにいられないのが、こちらのクッキー。
松ヶ崎のアートフラワーのお店、ラトゥリエに行くと、おやつで出してもらうクッキー。
 

しっかり厚みがあって、食べ応えもあり、甘すぎない。
ホントに手作りっていう感じがして、すごく気に入っています。
 

昼間、赤ちゃんが寝てくれているときに、ノンカフェインの紅茶と共に頂くのが、
なんというかもう安らぎのとき。 
 

 

授乳、おむつ替え、寝かしつけ…。
昨日が今日なのか、今日が昨日なのか?
同じような毎日を送っている今、こんな小さな楽しみを糧に生きています(笑)

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!