滋賀県・朽木スキー場へ行ってきました!今季最後のスキーへ!

  • ブックマーク

2月の中旬に家族で朽木スキー場へ行ってきました!

text by 江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



広告

今年2回目のスキーへ

今年はお正月に大山へ行き、あと2回は行けるだろうと思っていたのに、1月は子どもと私が風邪で寝込み、2月に1回行ったきりで、結局2回だけとなってしまいました。梅も咲き始めて、すっかり気分も春だし。雪不足のため、3月1日からは朽木スキー場もお休みしているみたいです。

昨年、息子にスキーを買い与え、3歳の娘にもせっかくするなら、パンダスキーじゃなく、きちんとした板と靴をと思って結構出費したので、3回は行かないと元が取れない!と思っていたのに、残念。きっと来季はもう、娘の足が成長してしまってスキー靴は入らないでしょう…。

 

江角悠子さん(@yuko_ezumi)がシェアした投稿

大山で娘は結構スキーを楽しんでいたようだったので、今回は止まれるようになったらいいね、と思っていたのに、娘スキーを始めて30分で「もう帰りたい」と言いだす始末。2500円するリフト1日券買ったんですけどね!?

息子はこれで4回目ということもあり、直滑降で滑るのも、止まるのもできるのだけど、姿勢がよろしくなくて、親が教えるのにも限界があるということで、半日スクールに入れました。

息子をスキースクールへ

息子は「人に失敗するところを見られたくない」という理由で、ずっとスクールは嫌だと言い張っていたんですが、変な癖がつく前に絶対ちゃんと習ってた方がいいから!!と説得して、半ば無理やり入れたのですが、イヤイヤ行ってたくせに、あっという間に友達を作り、お昼にスクールが終わった後も、その子と一緒に滑るんだ!と言って、結局まる1日その子と仲良く過ごしていたのでした。

いろんなコツも教えてもらったようで、次スキーに行くときもスクールに入りたい!と言いだすくらい、楽しかったよう。無理やり入れて、どうだったかなと思っていたので、よかった!

スキースクールは、10時〜12時30分までの半日で2000円だったかな。1日コースもありました。経験に合わせてグループに分かれて、少人数で丁寧に教えてもらったようで、来年も行ってもらうつもり。

ああ、スキーの季節終わっちゃったなぁ。

過去に行ったときの記事はこちら

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。