「大丸京都店」リニューアルオープン!

  • ブックマーク

先週木曜日にリニューアルオープンした大丸へ
取材の合間に行ってきました。

1階フロアが、ずいぶんと変わっていて
いつもの風景と全然違うもんだから、
グルグル見て回っているうちに、一体今自分がどこにいるのか
軽く迷子になったりして。

お目当てはなんといっても「キャス・キッドソン」
軽くお店を見てまわるつもりが、
可愛すぎる商品に目を奪われ、どーしても買わずには店を出られない。

というわけで全然予定になかったのに、定期入れ、衝動買いしちゃいました。
1400円なり。キャスにしちゃあ、安いような気がして。

そして、2階にあった靴売場が再び1階におりてきていました。
1階に靴売場があった頃が選びやすくて好きだったので嬉しい!
大丸にいけばきっと好きな靴が見つかると思いながら行っていたくらい。

で、リニューアルしたこの靴売場、見やすいし、広くて試着しやすいし、
1足どころか3足も4足もお気に入りが見つかってしまいそうな品揃え。

時間がなかったので早足で見て回ったのだけど、
またGWにでもゆっくり見て回りたい。

なんだか、すこし真面目なイメージから、カジュアルでオシャレな藤井大丸に
近づいていたような、そんな印象でした。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。