ガケ書房と小沢健二の関係。

  • ブックマーク
  • -
    コピー
先日、ガケ書房閉店&移転のことをブログに書きましたが、その後、予約していたオザケンのDVD「超ライフ」が届いた旨、店主の山下さんから連絡があり、取りに行きました!

ガケ

閉店の2日後に行ったら、もうあの突っ込み車と砂利石がなくなっていました。撤収、早い!そしてDVDを見て初めて知った、ガケ書房と小沢健二の関係。

オザケンがガケ書房のことを「なじみの書店」といっているではないか。



レジには、K.OZAWAのシール。

こんな近くに私の憧れのあの!オザケンが立ち寄っていたなんて、全然知りませんでしたよー!山下さん!と涙ながらに(ウソ)訴えたら、「いやぁ、誰にも言ってなかったですからね」と。そりゃそうだ。
私も山下さんにオザケンの大ファンだとは一言も言ってませんし。なのでここで改めて「オザケンは私の永遠の王子なのです」と熱く伝えておきました。

次、次もしオザケンが京都に来たら教えてください。

とか言えずに心の中で密かに思っていたら、昨日「小沢健二、私の職場(左京区)に来ましたよ」って、知人より目撃情報が寄せられ、さらに衝撃。

いつかどこかでばったり会えないだろーか。あぁぁぁ。とうなだれていたら、夫に「会ってどーすんの?」と言われ、会ってどうしたいか考えたことがなかったので、考えてみました。

会ったら、オザケンに会ったら。会ったら。
と、妄想するだけで発狂しそうですが、会ったらとりあえず、歌をありがとう、ということを伝えたいと思います。

あぁぁ、オザケンまだ京都にいるのかなぁ。

山下さんの著書にもオザケンとの関係が詳しく書かれていました〜!! この本は必読!

ガケ書房の頃

ガケ書房の頃

posted with amazlet at 18.08.04
山下賢二
夏葉社
売り上げランキング: 230,723

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は開催未定ですが、最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。