錦市場の八百屋さん「かね松」

  • ブックマーク

皆さん、皆既日食、見れましたかー?
私は直接太陽を見たら、目が痛いです。
薄目を開けて見ていたんですが、ちょっと欠けていたような気がします。
見た!って感じは全然しないですが。ま、気分の問題です。

さて、ひょうたんみたいな形が可愛らしい鹿ケ谷カボチャ。
錦市場にある八百屋さん「かね松」に並んでいたので、観賞用に買ってみました。

 

京野菜のひとつ。愛嬌のあるカタチです。
今はまだ緑色ですが、これからどんどん黄色くなるそう。
そして、なんと12月まで持つそうで。
たっぷり冬まで鑑賞してから頂くことにします。
カボチャを入れてくれた袋も、古い感じが可愛らしい。

今週末(7月25日)には、安楽寺で「鹿ケ谷かぼちゃ供養」なんてのがあるらしいです。
鹿ケ谷かぼちゃを食べると病気にならないという言い伝えから
参拝者に鹿ケ谷かぼちゃの煮物がふるまわれるそう。
散歩がてら行ってみようかな。

京野菜を中心に、ちょっと変わった野菜まであれこれ置いているかね松さん。
野菜のデパートという感じで、楽しめます。
2階には、その名も「やお屋の二かい」というお店も。
野菜をたっぷり盛り込んだ「長寿ランチセット」(2100円)が人気だそうで。
フラリと行くにはちょっと高かったので、
お店の前まで行って諦めたことがありますが。

かね松
住所:京都市中京区錦小路通柳馬場西入ル
電話:075-221-0088
時間:10:00~18:00 不定休

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。