錦市場の八百屋さん「かね松」

  • ブックマーク

皆さん、皆既日食、見れましたかー?
私は直接太陽を見たら、目が痛いです。
薄目を開けて見ていたんですが、ちょっと欠けていたような気がします。
見た!って感じは全然しないですが。ま、気分の問題です。

さて、ひょうたんみたいな形が可愛らしい鹿ケ谷カボチャ。
錦市場にある八百屋さん「かね松」に並んでいたので、観賞用に買ってみました。

 

京野菜のひとつ。愛嬌のあるカタチです。
今はまだ緑色ですが、これからどんどん黄色くなるそう。
そして、なんと12月まで持つそうで。
たっぷり冬まで鑑賞してから頂くことにします。
カボチャを入れてくれた袋も、古い感じが可愛らしい。

今週末(7月25日)には、安楽寺で「鹿ケ谷かぼちゃ供養」なんてのがあるらしいです。
鹿ケ谷かぼちゃを食べると病気にならないという言い伝えから
参拝者に鹿ケ谷かぼちゃの煮物がふるまわれるそう。
散歩がてら行ってみようかな。

京野菜を中心に、ちょっと変わった野菜まであれこれ置いているかね松さん。
野菜のデパートという感じで、楽しめます。
2階には、その名も「やお屋の二かい」というお店も。
野菜をたっぷり盛り込んだ「長寿ランチセット」(2100円)が人気だそうで。
フラリと行くにはちょっと高かったので、
お店の前まで行って諦めたことがありますが。

かね松
住所:京都市中京区錦小路通柳馬場西入ル
電話:075-221-0088
時間:10:00~18:00 不定休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。