センスのいい木の玩具がたくさん「ただすの森のハリネズミ」

  • ブックマーク

そういえば、世間は3連休なんですよねぇ。
私は息子を旦那にお願いし、ひたすら原稿書き。
ゆっくり仕事をさせてもらえる環境に感謝しつつ、
生みの苦しみをしみじみ味わっているところ。

さて、昨日からの下鴨神社つながりで、神社のすぐ近くにある
「ただすの森のハリネズミ」を紹介。

 

おもちゃ屋さんというには、ちょっと抵抗がある。
上質なヨーロッパの木のおもちゃを中心に扱っているお店です。
おもちゃといっても、ゴテゴテとキャラクターが描いてあるようなものではなく
デザインはシンプルで美しく、造りも精巧で丈夫。
そのままオブジェにしたいくらいセンスのいいものが揃っています。

髭のはえたおじ様の人形は、実はお香立て。煙だし人形といって、
中にお香を立てて火をつけると、まるで煙草をすっているかのように
口から煙を出します。オシャレ。

カラフルな犬や猫、あひるなんかは、手触りのいい木のブローチ。
1個252円と格安なもんだから、取材終わりで2個買ってしまいました。
散々迷って、ゾウと羊をセレクト。

 

外国の玩具は、子どもを子ども扱いしていないというか、
子どもだからこそ一流のものを与えなくては…といった精神があるかどうか
分かりませんが、子どもだましではないのに、すごく刺激を受けました。
小さい頃からこういう本物に触れさせてあげたいというか。

息子に買ってあげたい玩具がいっぱいで、取材をしつつも思わずじっくり物色。
木の玩具なら、かじってもしゃぶってもなんか安心。
そのまま置いてても絵になるし。

出産祝いや、ちょっと変り種のおしゃれなプレゼント選びに立ち寄る人が多いそうです。
私も贈り物に困ったら、ここを覗こうと思いました。
きっとな~にかピンと来るものがあると思います。

ただすの森のハリネズミ
住所:京都市左京区下鴨森本町13-9 松橋ビル1階
電話:075-705-3939
時間:10:00~19:00 月、第3火休(祝日の場合は営業)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。