中国料理「龍門 岡崎店」

  • ブックマーク

今日は皆既日食ですね。京都の空はちょっと曇っていますが
見られるんでしょうか。専用眼鏡の準備ができてない私は、
いずれにしても見られないんですが…。残念!

さて、先日取材の合間に寄ったおいしい中華料理のお店を紹介。
東京から来ていたカメラマンさんに「おいしい台湾料理(?)行きましょう」と
誘っておきつつ、着いたのは中華料理のお店でした。
そんな間違いに、ブログを書こうとした今頃ようやく気付いた私。
関西人なら確実に突っ込んでるところですが、カメラマンさん、
気付いて黙っていてくれたのかも。恥ずかしい勘違い。

ランチの定食は、800円~950円。
マーボー定食、酢豚定食、らーめん定食、海老チリ定食、8種類ほどあります。
この並びは…完璧、中華ですね。

私は、八宝菜定食を。
メインの八宝菜に、ワカメスープ、ザーサイ、
サラダに唐揚げ、春巻き、杏仁豆腐と盛りだくさんです。

そして、この八宝菜!おいしーいのです。
シャキシャキのお野菜、肉の旨み。
ご飯が限りなくススム味付けで。

ただちょっと残念だったのが、唐揚げと春巻き。
いかにも作り置き、もしくは冷凍食品かな?というくらいで
あんまりおいしくありません。
八宝菜が驚くほどおいしいだけに、余計レベルの低さが際立つというか。
これだったら、八宝菜もう一皿つけてくれた方がいいなぁ。

別のカメラマンさんが「絶対夜に行った方がいい!」と力説していたのは
そういう訳だったのかぁと納得。普通に作られたメニューは確実においしいので。
夜大勢で行って、アレコレ注文して分け合って食べると、もう格別なんだそう。

では、次は夜に伺うということで。

龍門 岡崎店
住所:京都市左京区岡崎南御所町22-10
電話:075-752-8181
時間:11:00~15:00 17:00~22:00 無休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。