奈良取材で寄り道 橿原神宮へ

  • ブックマーク

先日の奈良取材は、朝の7時に家を出て、電車に揺られること約2時間、そこからまた徒歩で20分というところまではるばると。せっかくなので、帰りはちょっと途中下車して橿原神宮に寄ってきました。 橿原神宮前駅は何度か利用したことがあったけれど、神宮へ行くのは初めて。
ようやくお参りできて嬉しい。 

駅から神宮までの道すがら、お土産物屋さんにはたくさんの埴輪が並んでいました。なんか可愛いすぎるんですけど。なんとも言えない表情に癒されます。ひとつくらい買っておけばよかった、と今さら後悔したりして。
橿原神宮はとにかく広い! てくてくと参道を歩いて本殿の方へ。
歩いているだけで心落ち着くような気がしてきます。パワースポット的な。
こちらは深田池。とにかく広大でした。

で、お昼ご飯を駅構内にあったドトールにしようかとも思ったのだけど、ここまで来てどこにでもあるドトールに入るってのもなぁと歩いていたら見つけた喫茶店。その名も「喫茶サンド」 。看板のフォントがいい。そして駅前通りが、いい感じのさびれっぷりで(最上級の褒め言葉です!)、これまたたまらない。
IMG_9992
中もこれぞ正統派といった感じの雰囲気。
頼んだのは、卵トースト400円に、アイスミルクコーヒー350円。この絵こそ喫茶店として理想なのでは!と写真を撮らずにはいられない。そして、お味も間違いない。


最後に、名物だという埴輪まんじゅうを購入。帰りも電車に揺られ2時間。電車内でさくっと500文字程度の原稿を書き終え帰宅したのでした。取材に行ったんだか、観光に行ったんだかよく分からない1日だった。 またあるかなぁ奈良取材。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。