デニッシュ系がおすすめ京都のパン屋さん「FLEUR DE FARINE(フルール・ド・ファリーヌ )」

  • ブックマーク

久々に美容院へ行き、ボブカットにしてもらい
ついでにずっと伸ばしていた前髪を思い切って切ってみたら…
丸顔&童顔のため、まるでちびまる子ちゃんのように
なってしまいましたが、大丈夫でしょうか?

さて、そんな美容院の帰り道、可愛いパン屋さんにちょっと寄り道。

三条通にある郵便局のすぐ南、「フルール・ド・ファリーヌ 」。

店内には、デニッシュ系のパンが豊富に並んでいます。
デニッシュ系のパンて、パイ生地部分がボロボロ落ちて食べにくいし、
手はよごれるし、何となく苦手なんですが、
おいしそうなのがいっぱい並んでいたので、ひとつ買ってみました。

食べてみたら、ここのデニッシュ、サクサク感がしっかりあるのに、
生地がポロポロ落ちることなく食べやすい。
それに私が選んだデニッシュの中身は、サツマイモとクリームチーズ。
この組み合わせ、美味しくないわけがない。
今まで食べにくさからデニッシュ系は避けていたけれど、
これならもっといろいろなのを試してみたいなぁと思ったのでした。

価格は150円前後。パンのサイズはちょっと小ぶりです。

FLEUR DE FARINE(フルール・ド・ファリーヌ)
住所:京都市中京区東洞院三条下ル ミックナカムラビル1F
電話:075-223-5070
時間:8:00~18:00

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。