芸術は爆発だぁ! 「ギャラリー16」

  • ブックマーク

昨日は、今年初の取材。東山界隈で3件。
久々の取材に少し緊張したり、預けた赤ちゃんが心配だったりしたものの、
取材へ出たら出たで、これがもう楽しくて仕方がない。

で、昨日取材した中のひとつ、「ギャラリー16」で
素晴らしく面白い展示をしていたので、紹介。

前田久美さんによる、空間をまるごと演出しているインスタレーションなのだけど、
これがもう、スゴイ! なんとも表現のしようがない。ただ、スゴイ。

 

こんな写真じゃ、作品のすごさが何にも伝わってこないだろうけれど、
むしろその方がいいかも。直接会場に行って、目で見て肌で感じて欲しいから。

前田さんの作品にはスパンコールが多用されていて、
キラキラ乙女な作風の中にも、ちょっと毒が効いていたりして。
アートって、よく分からないけど、前田さんの作品は
とにかくそこにいるだけで楽しくなってくるような感じ。
ギャラリーが乙女のための遊園地になったかのよう。
何なら、生きる勇気さえ湧いてくるような。

この不思議なカタチのオブジェも前田さんの作品。
私が100歳まで生きたって、とても発想できないような
不思議で魅力的な作品に、圧倒されっぱなし。
ホント、芸術は爆発だぁ!とつい岡本太郎のように叫ばずにはいられない。
これが無料で見られるなんて、何か申し訳ないくらい。

この素敵なインスタレーション、プライベートでもう一回、じっくり作品が見てみたいと思うのです。
が、なんと会期は31日(土)まで。

うーん、行けるでしょうか。日曜日には漢字検定が控えていますが…。

ギャラリー16
住所:京都市東山区三条通白川橋西入上ル石泉院町 戸川ビル3F
電話:075-751-9238
時間:12:00 – 19:00(最終日は18:00まで)月休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第4期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。