北欧系のインテリアショップ、下鴨の「file」

  • ブックマーク

朝、新聞を見ていたら「漢検もうけすぎ」なんて見出しを発見。
受験生にとって、なんだかヤル気をそがれる記事ですが。
漢検まで1週間前だというのに、勉強すればするほど、
自信をなくすという状態に陥っています。

さて、ただ今ダイニングテーブルが欲しくて、いろいろなお店で物色中。
unicoやら、藤井大丸のSHOW ROOMやらを覗いていたんですが、ネットで検索していたら、
下鴨にも北欧の家具を扱っているお店があるということを知り、行ってみました。

お店の外にはデンマークの国旗。

ショーウィンドウには、うん、確かに北欧系のおしゃれな家具。
期待を募らせ中に入ってみると、そこは想像を裏切らない、というか
想像以上になーんて素敵なインテリアショップ!

デンマークで買い付けたというヴィンテージの家具や、オリジナルの家具、
加えて、それらの家具に合わせたくなるような、センスのいい雑貨も並んでいます。

広い空間にゆったりと家具が配置されていて、のんびり店内をまわっているだけで、
家を建てたら、こんな家具を置こうとか、あんな空間にしたいとか
想像…いや妄想が膨らんで、楽しい~。

このお店は、リフォームや、インテリアコーディネートもしているそうで、
2階へ行けば、そのセンスの良さをいかんなく発揮したキッチンや
リビングのショールームがあります。

スタッフの人に「こんな素敵なお店があるなんて知りませんでした」と言うと
「18年前くらいからしているんですよ」と笑顔で教えてくれました。

ここで、欲しいなと思うダイニングテーブルを見つけて、
購入しようかどうしようか考え中。サイズも色も申し分ない。
あとは価格だけ…。

file
住所:京都市左京区下鴨西本町30
電話:075-712-0041
時間:11:00~19:00 水・木休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。