島根、とっておきの宿「草庵」

  • ブックマーク

赤子を旦那に預け、3ヶ月ぶりに美容院へ。
髪の毛が肩に付きそうな位の長さになると、もうお手上げ。
どう扱っていいのか、分からない。
やっぱり私の定番はショートカットなのです。
2時間だけのお出かけだったけど、髪の毛もバッサリ切ってリフレッシュ~。

さて、先日の出雲の名所案内と合わせて、オススメお宿も紹介。
日本三大美人の湯「湯の川温泉」にある「草庵」。
宿のレストランは、宿泊者以外でも利用できます。

 

宿は泊まったことがないけれど、うちの母親情報によると3ヶ月前くらいから
予約しないと取れない…とか?
藁葺きの門をくぐって、続く長いアプローチが期待感を募らせる。
雰囲気のいいお宿です。

そして、併設されているレストランが、とーってもいい。
文句なしにどの料理も抜群に美味しい!

 

前菜には、小さな小さな小鉢がたくさん登場。
ちょっとずつ、いろんな味が楽しめるのって、たまらない!
特においしいのが、自家製チーズ。売ってたら買って帰るのに。
牛乳豆腐なんて、変り種もあって、
本当に一品ずつ手の込んだ創作料理が楽しめます。

 

私たちがいただいたのは、4200円のコース料理。
前菜から、お造り、焼物、蒸し物、洋皿、吸物、ご飯、デザートと
盛りだくさんだったけれど、どれもハズレなし。
大満足のコースだった。

ちなみにこちらは待合室?
お土産用のお香やポストカードなどが並んでいました。
店内も、こーんな感じでとっても趣のあるいい雰囲気。
ホント、お薦めです。

湯宿・草菴/お食事処・すゞ奈
住所:島根県簸川郡斐川町大字学頭1491(湯の川温泉)
電話:0853-72-0226

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。