「六花亭」でお取寄せ

  • ブックマーク

ようやく本を読む余裕が出てきた今日このごろ。
私の中で、再び松本清張ブームが到来。
若く美しい妻を得て、仕事も好調な男が、新婚1週間にして突如失踪。
読むほどに謎が深まって、早く先が知りたくてたまらないのに、
いつもいいところで泣き出す赤ん坊。
何で失踪したのか、果たして失踪なのか…?
あぁ、先が気になる気になる。
ちなみに「ゼロの焦点」というタイトルです。

さて、最近お取り寄せして大ヒットだったのが、「六花亭」のお試し缶セット。

たっぷりのレーズンバターがクッキーにサンドされた「マルセイバターサンド」に、
フリーズドライされた苺が丸ごとチョコに包まれた「ストロベリーチョコ・ホワイト」。

言わずと知れた六花亭の名物ですが、
私はこの2種類のお菓子、たーまらなく好き。
いつも牛乳かミルクティーと一緒に楽しむのが私の定番なのです。

六花亭のお菓子はその2種類しか食べたことがなかったのだけど、
お試し缶セットには、この2種類のほか、新商品の「雪やこんこ」
「サクサクカプチーノ霜だたみ」もぎっしり詰まっていて、新しい味も初体験。
どちらもなんていうか、六花亭らしい美味しさ。
ミルクティーによく合うお味。とにかく私好み!

 

おまけに、こ~んな可愛らしいカンカンに入って。
花柄の風呂敷まで付いてました。

北海道のお店には喫茶室を併設したところもあるよう。
どのメニューも美味しいだろうなぁ。いつか行ってみたい。

六花亭オンラインショップ

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。