はあちゅう本、大人買い!「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」読了。

  • ブックマーク

img_6681

人気ブロガーはあちゅうさんの言葉に影響を受けて、ブログを平日は毎日続けるということを始めたわけですが。
はあちゅうさんのnoteも毎月課金して読んでいると、本当に刺激と学びと得られることが多い。

で、つい最近、ずっと欲しいなぁと思いつつまだ持っていなかった本「半径5メートルの野望」が文庫になったタイミングでようやく購入。

そしてはあちゅうさん初の小説も一緒に。2冊ごときで大人買いも何もないけれど(笑)

「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」はタイトル通り、憂鬱な日々を送っている女の子が、メンタルを鍛えるジムに1ヶ月通って、人生を変えていくというお話。

とにかく読みやすくサクサクとすすめるのだけど内容は濃くて、はあちゅうさんが普段思ってる、「こんなとき、こういう風に考えたら楽になれるよ」というのがぎっしり詰まっているという感じ。普段いかに機嫌よく過ごすかということに注力している私には、本当に参考になることがたくさんあった。

「仕事のやりがい」「時間に余裕を作るには?」「お金に振り回されないために」などなど…の項目に沿って一つひとつ問題を丁寧につぶしていって(その潰し方も詳しく載っていて)、結果、どうなるか。

お話の中で、メンタルジムに通う費用として、「OL1ヶ月分のお給料の半分ほど」という表現があって、計算するとまぁ新卒で20万としても10万。この本を1300円で買って、読むことで一緒にジムに通ってカウンセリングを受けたような気になれたのだから、なんて安い買い物だったんだと思ったりして。

img_6682

カバーをとると、こんな可愛い柄になっていて、本なのに、雑貨のような感覚。読み終わった後、なんか明るい陽がさすような感覚になれた本でした。

————–

「半径5メートルの野望」は人生指南本というのか、とにかくはあちゅうさんの体験談がおもしろくて、日本一のブスの称号を得て(!)そこからどうやって立ち直ってきたかとか、こんなつらい目にあったときは、こういう風に考えて、こうやって乗り越えてきたとか、これまでの人生で得てきたすべてを披露して、こうしたら上手くいったし、やってみたら?というようなことが盛りだくさん。

私は、はあちゅうさんの歯に衣着せぬ言い方が結構好きで、一番印象的だったのが、「夢に向かって頑張りたいけど、なかなか頑張れないときはどうしたらいいですか?」という質問に対して、「『頑張りたいけど頑張れないなー』と思い続ける人生で終わると思います」って答えたというエピソード。手厳しいかもしれないけど、ここを読んではあちゅうさん、優しいなぁって私は思ったのでした。普通なら嫌われたくないからこんなこと言わず当たり障りなく答えそうなのに、あえて厳しいことを言うなんて、相手のことを思ってるからだし、そこに小さくても愛がなければ絶対にできない。頑張りたいなら、頑張ればいいだけ。

幸せになりたいなぁって思うだけの人生でいいの?誰かを羨ましく思ってる暇があったら、自分で何か行動してみれば…みたいな。背中を押してもらうというよりは、蹴とばされてコケるくらいの勢いで、何かメッセージをもらった気分。

今の毎日ちょっとつまんないなぁって人には、特にオススメです。

created by Rinker
¥1,430 (2020/09/20 11:24:22時点 楽天市場調べ-詳細)



最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。