ライターにはどうやってなるの?ライターの始め方

  • ブックマーク

これからライターになりたいという人から、本当によくもらう質問が、「ライターにはどうやってなるのか?」です。

答えは簡単で、「ライター」の肩書が入った名刺を作ったら、誰が何と言おうとあなたはライターです。

でも、これでは納得してもらえないと思うので、次にすることは、ライターとしての仕事をすることです。

私がライターになった16年前は、SNSもないし、もちろんクラウドソーシングもないし、編集部や編プロなどに直接電話して営業に行くという方法しか、私には思いつかなかったけれど、今はいろんなやり方で、仕事を見つけてくることができます。

私の主宰する「京都ライター塾」で伝えている新規仕事を得るためにすべきことは、以下5つのこと。


●公式サイト(ブログも可)を持つ
●実績を作る→ブログなどに載せる
●誰かに仕事を紹介してもらう
●出版社や編プロに企画を提案する
●クラウドソーシングで見つける


私は出版社などに営業へ行って、自分のことをグイグイ売り込むことが大の苦手なのですが(電話も苦手)、それができなくても、今の時代ならできることが本当にたくさんある。

私の尊敬するライターの先輩・ナガオヨウコさんは、好きな雑誌の奥付をみて、そこに書いてある編集部に片っ端から電話。仕事ないですか?と売り込んでライター業をスタートさせた強者。

1回目のライターお悩み相談室にもゲストとして来てもらいました。

そんなやり方もあるけれど、私には合わなくて心が死んでましたが、私のように売り込みが苦手でも、できることがあるし、現に私はこの5つのことをやってきて、16年ライターを続けられている(あ、私はクラウドソーシングを利用したことがないので正確には4つのこと)

でも、ライターになるのに一番大事なのは、「私はライターになる」と決めること。

覚悟をする、というか。

決めたらそういう風に人生は動き出すと思う。
決めたら、あとはやるだけだから。

ただ…この決めるのが、なかなか難しいのだよなぁと思います。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残席1)