ゴミを作る勇気を持つ!「エフォートレス思考 〜努力を最小化して成果を最大化する」読了。

  • ブックマーク

今年は「書いて暮らす」を目標にしたので
元日からnoteを更新することに取り組んでいます。

子どもの頃の記憶とか
いろいろ書いていて。
今まで誰にも言えなかったような
辛かったことも勇気を出して書いて。

どう思われるかなと不安もあって。

ものすごく意を決して
恐る恐る公開してみて思ったんですが。

…特になんの反響もありません(笑)

ちょっとずつ感想をもらえたりしていますが
(本当にめちゃくちゃうれしいです。ありがとうございます)

でも、別に何も変わらないです。

炎上するわけでもないし
誰かの話題にのぼるわけでもない。

なんか気が抜けました。

私は何を恐れていたんだろうなぁって。

それでも書くことはやっぱり怖い、と思う。
反響がないならないで、書く意味などあるのだろうかと不安になる。

でも先日読んだ本「エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する」にあったフレーズにものすごく励まされて、やっぱり書くことだけは続けていこうと思えたので、今日はその言葉を紹介します。

最初から偉大だったものはない。
どんな偉大な業績も、最初はゴミみたいなものだった。

不完全さを受け入れ、ゴミをつくる勇気を持てば、私たちは始めることができる。

そして一度始めれば、だんだんマシなものができてくる。

『エフォートレス思考 〜努力を最小化して成果を最大化する』より

ゴミ…(笑)

ゴミって、酷い。

本では、ピクサーの作品を例にあげて
最初は「見られたものではなかった」とありました。
どんなストーリーでも最初はぎこちなく、不格好で、脆弱で、不完全だったと。でも何百ものひどいアイデアがなければ、ウッディとバズは決して生まれなかった。

ゴミみたいなものからでもはじめなければ、名作は生まれない。

たとえつたない言葉でも、ただの白紙よりは力がある。つたない言葉を書きはじめなければ、名作は決して生まれない。

くだらないものをつくる勇気が、インスピレーションを呼び込んでくれる。

『エフォートレス思考 〜努力を最小化して成果を最大化する』より


この部分を読んで、ゴミでもいいから(悲しいけど)、くだらなくてもいいから、とにかく書き続けてみようと思ったのでした。

書き続けていたら、もしかしたら、いつか名作に辿り着けるかもしれない。

少なくとも1文字も書いていなかった昨年よりは、私は前に進んでいる、と思って。


私が読んだ本をメモする本Instagramはこちら。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。