書くを仕事に! 京都ライター塾、卒業生の活躍を紹介!

  • ブックマーク

書くを仕事に!京都ライター塾
をご検討中の方へ

「無料説明会+プチレッスン」の
アーカイブを準備しました。

視聴したいという方は
こちらからお願いします!

第6期の京都ライター塾が、2022年1月にスタートします。

この「京都ライター塾」は、これからライターになりたいと考えている方、ライター1年生の方をはじめ、数年フリーライターとして活動してきたものの、自分のやり方があっているのか不安な方、さらにステップアップしたい方などをサポートする、ライターとして活躍したい人のための塾です。

2020年1月から始めて、10月に5期生が卒業しました。これまでに受講してくれたのは、年齢は20〜50代、会社員だったり、主婦の方だったり、子育て中の方、転職の最中に受講してくれた方もいました。

男性も女性もいて、職業も属性もさまざま。そんな人たちが、講座を受講後に一体どんな活躍をしているのか?

卒業生のその後を紹介します!

卒業生の活躍

◆50代のCozueさん

ライター未経験、当時は専業主婦だったCozueさん。講座内で作成した企画が通り、卒業後には京都で人気のWEBサイトで連載をスタートしています! Instagramで発信を続けたことで、新規仕事の依頼も舞い込んできたそうです!

◆30代の太田かおりさん

長年勤めた会社をやめたタイミングでライター塾に来てくれた太田さん。ライター塾を卒業後は、開業届を出し、実際にフリーライターとして活動をスタート。「デジスタイル京都」で連載を持つほか、人気サイトでも定期的に記事を書かれています!

◆40代のソーニャさん

会社勤めの経験を持つソーニャさん。ライター塾を卒業後にフリーライターとして活動スタート。リビング新聞のWEB版 「りびんぐかしわ」で地域特派員として活躍!

◆20代のタケウチノゾミさん

福岡で、すでにWEBライターとして活動していたタケウチさん。

webライターとして仕事をすることに限界を感じ、受講を決めました。たくさんのライターさんを見てきましたが、成功している人は、活かせる経験や資格があったり(スペシャリスト)、まだ人が少ない時期にはじめたりした人で、今のやり方を続けていても、いつか限界が来るなと感じていました。江角さんのメルマガやブログを拝見して、誰にでも書けることを書き続けるライターではなく、江角さんのようなライターになりたいと思ったのが決め手となりました。

講座を受講後は、積極的に行動できるようになり、クラウドソーシングでプロフィールを見てくれた人にメッセージを送ったり、書けそうなメディアを探したりした結果、仕事内容が180度変化。やりたい仕事ができるようになって、今では営業活動をせずとも、毎月絶えることなく仕事の依頼があるそうです!(すごい)

京都ライター塾が目指すこと

京都ライター塾が目指すのは、単にライターになることではなく、「ライターになって幸せになること」。

フリーライターというと、下請けで単価が安かったり、クライアントに振り回されたり、土日も休みなしで即対応しないと次がない…!と思って相当無理をしたり。

大変な部分を聞くことも多いかもしれません。

それでも、ちゃんと自分軸を持って働くことさえしていれば、消耗せず、病むことなく、書く仕事で幸せになれるんだよ、ということをライター塾では伝えていきたいと思ってます。

いやそれは、フリーライターになりたい人だけじゃなくて、働くお母さんや、繊細で生きづらさを抱えてる人にも、それは伝えていきたい。

「書く」ことで現実を変えてきた私から、書くことを通して得られる、なにか希望のようなものを伝えられたらいいなぁと思っています、本当に。

第6期 京都ライター塾の詳細

講座開催日

2022年1月〜4月

  • 1月8日(土)9:00〜12:00
  • 1月29日(土)9:00〜12:00
  • 2月19日(土)9:00〜12:00
  • 3月12日(土)9:00〜12:00
  • 4月2日(土)9:00〜12:00
  • 4月23日(土)9:00〜12:00

全6回 土曜、9:00〜12:00
講座内容1回3時間×全6回(18時間)
+フェイスブックページでのサポート

Zoomでのオンライン開催
・参加費:1名 242,000円(税込)
・定員:4名  ※分割払いをご希望の方は、お気軽にご相談ください。

※全日参加できる方を対象としていますが、講座の内容は毎回録画するので、万が一事情があり参加できなかった日は、アーカイブを見ることで後日受講していただけます。

プレ講座として12月に「ライター診断セミナー」を実施します!

「書くを仕事に!京都ライター塾」に参加する前に、私ってライターに向いてる?やっていける?などの相談にのるプレ講座「ライター診断セミナー」を実施します。

✔︎ ライターってどんな仕事をしてるの?
✔︎ ライター仕事は、どうやって依頼してもらうの?
✔︎ 未経験の私もついていける?
✔︎そもそも私はライターに向いてる?

といった疑問にお答えするほか、これまではライター塾に興味のある方、ライター塾への参加を迷っている方を対象にしていましたが、今回はライター塾に関係なく

✔︎ 書くことに興味がある
✔︎ ブログの書き方を知りたい
✔︎ 2021年の振り返りをしたい
✔︎2022年の方向性について考えてみたい

という方も、ぜひお話しに来てもらえたらと思っています。

受付は、来週11/25(木)正午からメルマガにて先行してスタートします。

「ライターお悩み相談室」のような感覚で、「書くこと」に関して気になるあれこれを相談してみませんか。お気軽にご参加ください〜。

ライター診断セミナーについて

最新情報はメルマガにてお知らせいたします!
これからライターを目指す人へのヒントがぎゅっと!
メールマガジンは登録した次の日から7日間、毎朝午前11時に届きます。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。