幸せになるためには、まず自分を知ることから。

  • ブックマーク

9月に募集していたお試しセッション。今月に入り、ようやく実施。ただいま、いろんな方のお話を聞かせてもらっています!

先週の金曜日は、婚活コンサルタントの木村春香さんと90分のセッションをしました。

相談内容は「婚活コンサルという同業者が大勢いる中で、自分に無理ないキャラクターで、かつお客さんに届き、役に立つ文章をどのように書けばいいのかと悩み続けています」とのことで。

私はまず「婚活コンサル」というお仕事がどんなことをするのかよく分からなかったので、そこからたくさんお話を聞かせてもらいました。

すると…

・相談者さんと将来設計とお悩み整理
・婚活マニュアルお伝えして計画立案
・LINEに悩めば一緒にお返事考えたり
・デート服・デートプランも手助け

とのことで(一例)、へー!そんなことまでしてくれるんだ!と初めて知ることが盛りだくさん。

婚活コンサル…これはめちゃくちゃ心強くないですか???

で、発信することで、集客に繋げたいなら、まずは自分が何をしている人なのか知ってもらう必要があります。

なので、木村さんには「普段していることを発信してみてはどうですか?」と伝えました。

木村さんは、婚活にはもう10年以上も関わっているそうで、いろんな方のいろんなお悩み相談にのっているため、アドバイスが本当に的確で。どうすれば婚活がうまくいくのか、いろいろ聞かせてもらっていて一番心に残った話がこれ。

「まずは自分を知ること」

自分がどういう状態になれば幸せなのか、棚卸しをしないことには、理想の結婚相手にはめぐり合えないと言うこと。

たとえば「年収800万円くらいは稼いでて、都会の高層マンションに自宅を持っている人がいい」みたいな理想を持って、婚活を始めた女性がいたとします。

でも、よくよく話を聞いて見ると「子どもが生まれたら、田舎のある実家近くに住んで、自然豊かな環境で子育てしつつ、自分も畑とかしたい」みたいな話が出てくることがあるんだそうです。

え? なんか…最初の話と、180度理想が違いますよね?

世間で良しとされているような、もてはやされているようなキラキラした世界に憧れて、そこを目指すことが幸せと思い込んでしまっている。

みたいこと、けっこうあるのかもしれません。

ゆくゆくは田舎で暮らしたいなら、年収800万円も必要ないかも知れないし、もちろん高層マンションに家なんか持ってなくてもいい。職場は都会じゃない方がいいかもしれないし。

となると、探す相手は全然変わってきます。

こんな風に、まずは自分が何を求めているのか、どんな結婚生活をしたいと思っているか、自分を知ることが婚活の第一歩だと木村さんは話してくれました。

ここをすっ飛ばして、とにかく出会いを!と動いてしまうと結果、遠回りになってしまう。

ちょっと最初に時間はかかってしまうかも知れないけれど、ここをきっちり深堀してから、行動をしてほしいと木村さんは言っていて。

本当にそうだなぁと思いました。

特に婚活って、30代後半くらいになると時間がない!と焦ってしまいそうだけど、ここが肝心。とにかくたくさん出会って、数打ちゃ当たるとかやってる場合ではない。最初に時間かけても、丁寧にそこを知っておくことが、結局は近道になるんじゃないかと思う。

ホント世間やマスコミの刷り込みは、怖い。

いい大学に行って、安定した会社に勤めて、結婚して、子ども産んで…

みたいなレールを勝手に敷かれて。

果たして、それで自分が本当に幸せになれるかどうか。それを求めているのかどうか。ちゃんと自分の胸に聞いてみたい。

「幸せになるためには、まず自分を知ることから」

婚活、深い。

ほかにも、木村さんの話、めちゃくちゃ面白くて「え、それそのまま書けばいいんじゃないですか?読んでみたい!」ってなりました。

「自分に無理ないキャラクターで」と言っていたけれど、キャラクターなんて別に作り上げなくても、そのままでいい。

木村さんとお話をしていたら、「気さくで柔らかで、穏やかに明るい感じ」という印象を受けたので、もうそのままでいいんじゃないかと思って、そう伝えました。

婚活コンサルタントだからって、キラキラで、キャピキャピしてる必要なんてない(むしろ、私はそっち系苦手)

今のままの木村さんを知ってもらったら、木村さんに相談したいって言う人がたくさんいると思う。

なので、まずは木村さんという人を知ってもらうために、発信が習慣化できたらいいですね〜というお話をしてセッションは終了したのでした。

そういえば、主催する京都ライター塾でも初回に、どんなライターになりたいですか?何を書きたいですか?ということを考えます。

お片づけサービスを頼んだときは最初に、どんな部屋で暮らしたいですか?どんな部屋が理想ですか?と聞かれました。

自分がどこを目指しているのか、自分の理想は何なのか。

どの世界でも、ここを知ることから始まるのかも知れません。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。


「メルマガを読むのが日課になっています」「文章に癒されます」など、うれしい感想をいただいています!登録は無料。コンサルや講座、イベントなどはメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録しておいてください! 解除も簡単にできます。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残席1)