やりたいことより、今できること。

  • ブックマーク

出産後、ライターとして思うように稼げない時期が長くなり、いったん書くことを諦めようと思ったときがありました。

ちゃんと自分の理想の額を稼げるようになった!と思えるようになったのは、実はここ数年のことです(それも波がありますが)

雑誌とか書籍とかの仕事をしていると
いっけん華やかなイメージで、
稼いでそうな感じがするかもしれませんが、
数をこなさないとそれなりの数字にはならない。

特に私は子供が産まれてからは
フットワークも軽くない、
徹夜もできない、
土日も動けない
当然、数はこなせないので収入も下がる。

独立した当初は24時間
自分のために時間が使えたので
ばんばん働いて、会社員時代より断然稼げて
調子の良かったライター業。

でも、子供を産んでからは
以前と同じように働けなくて
前みたいに稼げないなぁって思うようになりました。

で、思うように稼げないなって思ったとき
自分一人でぐるぐる考えていても解決できない。
コーチングを受けようと思ったのです。

そして、その先生に

先生

仕事って、お客様の「悩み」や「困った」を解決すること。そのために自分の武器を活用するってことで、やりたいことを叶えるために仕事をするのではないよ。

と言われたことは、かなり衝撃でした。

私、仕事で自分のやりたいことを叶えようとしてたけど、全然違った〜!って社会人になってから20年してようやく気付いたのでした(遅い)

私のやりたいことで稼ぐは
インタビューして記事を書くこと。
自分のコラムを書くこと。
本の制作、出版に関わること。

今、できることで稼ぐは
書けない人の相談にのること
書き方を伝えること、
フリーランスとして飛躍するための
ヒントをお伝えすること。

とにかく自分で書いてて思うように稼げなかったんだから(それ以上はどうしても伸びない、頭打ちな感じ)、今度は自分の「やりたいこと」じゃなく「できること」を生かしてみようと舵を切ったのです。

で、できることって、やっぱり書くことしかできなかったんだけど、書くことを自分でするのではなく、書き方を伝えるということに挑戦。

それが「ライターお悩み相談室」であり
その後「京都ライター塾」になっていったのでした。

今できることをしていたら
それがお客様の「悩み」や「困った」を解決できて、喜んでもらえるようになりました。

できることが少しずつ「カタチ」になっていったら、時間と心に余裕が出てきて、やりたいこともまたできるようになっていったのです。

そんな経緯もあって今は
やりたいことを追いかけるのもいいけど
そこでなかなか実現できず立ち止まっているなら
今できることをカタチにするという方法もありなのかなと思うようになりました。

夢を叶えるって惹かれるけど。そうじゃなく
今できること、たくさんあると思う。

自分にはできるのが当たり前すぎて
気が付かないだけで。

私はコーチングの先生に教えてもらうまで
「書くこと」が当たり前すぎて
武器になるとは全く!思っていませんでした。

このレベルの文章が書けるくらいで
誰かに教えるなんてとんでもないって。

ライティングコーチやライター塾とかでも
いろんな人の相談にのっていて

WordPressのカスタマイズができたり
SEO対策して1位を取れたりとか
すごい!って思うんですが、
本人に言うと、こんなの誰にでも出来ますって言う(笑)

いや、私できないし、まったく分からないんですけど、嫌みですか?ってちょっと思う。

書くことなんて誰でもできますって
言ってた私を見ているよう。

当たり前にできることって実は武器なんだよ
ってことはライティングコーチでもライター塾でもオンラインサロンでも、どんどん伝えていきたいなぁと思ったりします。

もし今、どうにも行き詰まってる感があるなら、やりたいことより、今できることを考えてみるのオススメです。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。