祝!息子が小学校を卒業!

  • ブックマーク

昨日は息子の小学校の卒業式でした。

6年前はこんな記事を書いていたのに。

もう卒業とは。

6年も通ったのが信じられないくらい、月日が流れるのが早い。早すぎる…!

卒業式はコロナ禍のため、いろいろ略式で。みんなで校歌を歌うところは、飛沫感染を予防するためか?事前に録音しておいた音声が流れたり、みんなで小学校の思い出を声を張って言うのもなし。

一人ずつ卒業証書をもらって、校長先生の言葉があって…と、とてもシンプルに終わった。これはこれでいいのかもしれない。

それで卒業式のあとに、6年生全員が両親に向けてひと言メッセージを言う、という動画が流れたんだけど。

迷惑かけてごめんね。
スマホばかりみてごめんね。
ゲームに夢中になってご飯の時間に遅れてごめんね。

って言ってる子がたくさんいて、ちょっと違和感があった。

果たして、息子が何を言うかな?と思ったら、いつもご飯作ってくれてありがとう。というのと、ダイヤモンドクルーズに今年は行けるようにコロナにならないよう気を付けて暮らしましょう。みたいなことをカミカミで言っていた。なんだそれ(笑)と思ったんだけど、でも息子らしい、自分の言葉で言ってくれてうれしかったし、謝られなくてよかったなぁと思う。

一人ものすごく良いコメントを言うなぁと思って思わずメモしたのが

うれしいときは一緒に喜んでくれて
悔しいときは励ましてくれてありがとう。

っていうの。なんて素敵なんだ!!私もそんな親でありたいなぁって思った。

ランドセルを背負って小学校に行く最後の日。写真に撮ってみた。

さて娘の卒園式も終わり、息子の卒業式も終わり。3月の大きなイベントはこれにて終了。

4月に入ったら、今度は入学式が2日連続である。またいろいろ準備があって、これからそれをしないといけないのだけど。

子どもたち2人の新しい生活リズムが整うまで、4月はちょっと仕事をセーブして子どもに寄り添ってあげたいなぁと思ったりしています。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。