エネルギーを解き放つということ。

  • ブックマーク

週末の土曜日に、ここ最近ずーっと気掛かりだったダンスイベントが無事、終了しました。

BTSにどハマりして、昨年10月から習い出したヒップホップダンス。

なんと今年は3回もイベントに出演させてもらって、イベント前になると憂鬱な気持ちになって、やり終わったら達成感と満足感を味わって。こんなに辛いのに、なぜ私はイベントに出るのか?と自問自答するみたいなその繰り返しでしたが。

もう当分イベントはないので、ようやく心穏やかに過ごせます。

それで、ダンスの先生がイベント前日にくれたアドバイス「エネルギーを解放してね」という言葉がずっーと引っかかっていて、どういうことだろうと考えていたんですが。

イベントが終わって、先生が踊っているときの動画を見たら、これがエネルギーを解放するってことか!と分かったんです。

最後の方17分30秒あたりから始まるNAGIせんせーのソロダンスがカッコよすぎて、私は世界中の人に見てもらいたい!ので、ぜひ。

それでダンスを観て感じた私なりの「エネルギーを解放する」とは、ありのままで、自分らしく、飾らないそのままでいることを許しているというか。

失敗したらダメとか、よく見せたいとか、そんな邪念がない、純粋に自分でいることを楽しんでいるそのままの状態かなと思った。

それで言うと、私は文章を書いているときはエネルギーを解放できているのかもと思った(踊るときはできていないが)

それなら、先日紹介したダンス仲間でインスタグラマーのしょ〜こさんは、インスタで発信するときに、エネルギーを解放できているんじゃないかって。

みんなそれぞれ自分に合ったやり方でエネルギーを解放できたらいいのかもなぁって。

エネルギーを解放するって、本人は何からも縛られていなくて、すごく楽な状態だし、その上、その解放されたエネルギーはまわりにいる人に伝わって、まわりにいる人も幸せになれるし、ものすごく良い状態なのかも。

NAGIせんせーのダンスを見て私はすっごく幸せな気持ちになれるのでもう何十回と見ているし、しょ〜こさんの投稿もたくさんの人が心打たれるからこそ、17万人ものフォロワーさんがいるのだと思う。

そうなら、なるべく早く自分がエネルギーを解放できる環境か、やり方か、何かしらを見つけたらいい。

絵を書いたり
料理をしたり
文章を書いたり

自分に合うやり方を。

なーんてことをイベントが終わってから考えた。

さて、そんなわけでダンスイベントを無事終え、今週木曜日にはそのインスタグラマー・しょ〜こさんの出版記念イベントのお手伝いをさせてもらいます。

ぜひしょ〜こさんのエネルギーを感じに会場へいらしてください!

イベント詳細(↓)

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残席1)