京都ライター塾で目指すこと、それは「ライターになって幸せになる」こと!

  • ブックマーク

書くことを仕事にしたい人のためのライター塾
書くを仕事に!京都ライター塾」を主宰する
フリーライター歴14年の江角悠子です。

「京都ライター塾」1回目の講義では、フリーライターとしてどんな仕事があるのか、私がライター歴14年の中でやってきたさまざまな仕事をはじめ、ほかのライターさんにも教えてもらった多彩な事例を紹介します。

私がライターになる前は、ライターと言えば、雑誌や書籍くらいしか活躍の場を思いつかなかったのですが、SNSが発達した今はテキストで情報発信する媒体は増え続け、思いもしないところでライターが活躍している事例が本当にたくさんあります。

例えば、私は京都で有名な某企業のフェイスブックページの立ち上げに関わっていました。週に数回、フェイスブックページに投稿するテキストを考え、写真を貼付して投稿する仕事です。月に数万円単位のギャランティーをもらい、年間契約をしていました。

またプロのライターが、企業のLINEアカウントに投稿するテキストを担当していたり、今は企業のインスタグラム投稿をライターが担当することも。

今年春に京都ライター塾を卒業したかおりさんは早くもライターとして活躍。企業アカウントにポストする仕事で得意の撮影技術を活かして、ライティングのみならず、商品のスタイリング〜撮影も担当しています(すごい!)

ほかにも、私が過去に手がけた仕事として

●市の発行する広報誌

●大学が毎年作る大学案内

●動画の台本作り

●企業の求人サイト(マイナビ等)

●サイトに掲載するためのテキスト作成

などなど。

商業ライターの活躍する場面は、本当にたくさんあります。

で、京都ライター塾では、そうしたいろんな場面で活躍できるよう3ヵ月かけて、いろんな知識と技術を身に着けてもらうわけですが。

最終ゴールは、ライターになることではありません。

ここで(?)となる人もいるかもしれませんが…(笑)

私が大切にしているのは、ライターになって成功することではなくて、「ライターになって幸せになる」こと。

成功するのではなく、幸せにならねば。と強く思ったのは、ブックライター・上阪徹さんの本「幸せになる技術」を読んだことがきっかけです。

成功しても幸せじゃない人がいる。それってなぜ? じゃあ、どうしたら幸せになれるの?ということがこの本には書いてあります(この本はおすすめ!読んで内容を理解し実践した人から、確実に幸せになれると思う)

created by Rinker
きずな出版
¥1,650 (2020/10/27 17:49:39時点 Amazon調べ-詳細)

ライターになりたいという人は多いのですが、ライターになって何がしたいのか?まで考えている人は少ないのかもしれません。かくいう私もその1人でした。でもこの本を読んで、考え方が変わりました!

塾生には、ライターになることだけをゴールにするのではなく、ライターになって幸せになることを目指してほしいなと思っています。

私がいざライターになって、たくさん仕事をいただけるようになったとき。仕事に振り回されてばかりで、自分の書きたいことも書けず、幸せからは、ほど遠い人生でした。憧れだったライターになれて、仕事ももらえて、はたから見れば順調だったのかもしれませんが、内情はそうでもなかったのです。

ですが、そうした数々の失敗を踏まえ、今では仕事に振り回されることなく、自分のしたい仕事ができるようになり、前よりは確実に幸せ!といえる状況になりました。

ライター塾では、書くことを仕事にして、さらにその先にある「幸せになる」ことを目指します。

書くことを通して、自分の幸せを考える。


そんな講座となっていればと願っています。

第3期ライター塾は10/21スタート

全5回の講義を通して、ライターとして活躍するための基本技術とマインドを身に着ける「書くを仕事に!京都ライター塾」。

申込開始の日時は10月12日(月)午前7時〜です!(定員6名)

2週間に1度、水曜の午後に実施するライター塾のほか、会社勤めをしながら学びたいという人向けに、第3期からはマンツーマン講座も始めることにしました。マンツーマンで入塾を検討されている方は、日程調整が必要なため、事前に一度相談してください。

ライター塾はメルマガ登録されている方から、先行して受け付けます。

興味ある方はぜひ今のうちにメールマガジンの登録をお願いします!7日間配信後は、週2〜3回ゆるーく配信しています。登録は無料なのでぜひお気軽に!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。