青山ゆみこさんの「個人向け文章添削講座」を受講して、原稿がどう変わったのか? その(2)添削後の原稿を公開

  • ブックマーク

前回の記事で、添削講座をなぜ受けたのか、提出した課題原稿は、どんなものだったのかを紹介しました。

今回は、青山さんの添削を私がどう受け止めて、それをどのように文章に反映させて修正していったのか、紹介していきたいと思います。

添削に感動した理由

青山さんの添削は、朱入れとかでは全然なく、すごく丁寧な感想が書きこんであると言った方が近いかもしれません。

江角さんは、本文でこんなことを書いていましたが、こういう意味ですか? この部分、私はこう受け取りました…みたいな。青山さんが私の文章を読んで、どう受け取ったのかが丁寧に書かれてあります。

私が心打たれたのは、自分が書いたものを、こんなにもしっかりと真正面から受け取ってもらえるなんて…!と実感したからでした。斜め読みするのではなく、表面だけをなぞるのではなく、深く潜って奥底にある思いをすくい取ってもらったかのような感覚。

港を出発した船が次の港に着くまで、船内では自由に過ごせる。食事は3食ともレストランに行けばいい(もしくはルームサービスが頼める)ので作らなくてもいいし、部屋が散らかっても、部屋を離れた隙にスタッフが掃除をしておいてくれる。そのほか、船の中にはプールや大型スクリーン、ちょっとした図書室やショッピングフロアまであり、日替わりでダンスや語学などの講座も開催されている。シアターでは連日ショーが催されるし、なんと子どもを預かってくれるキッズルームまである。

船旅について書いている上記の文に関して青山さんは、もしかしたら私はふだんからそんなに家族旅行に行っていないのでは? でも、もしかするとアウトドアっぽい旅行はしているのかも? とざっくりいうと、こんな内容のコメントがありました。

だって、旅行は船旅に限らず、3食とも外食、掃除も不要であるため。

確かに!

書いている本人も気が付いていなかったこの指摘。当たっている。そんなこと一言も書いていないのに、まるで探偵のよう。するどすぎて、ビックリしました。

私は年に2〜3回実家に帰省しており、遠出するし泊まるし、これを私の中では「旅行」としてカウントしていました。でも実際は、実家の寺仕事を手伝いに帰っているだけで、ご飯作りもあるし、子守もあるし、寺の仕事もあるし(ほとんど夫がしているけど)、旅行の持つ自由とか非日常からはほど遠く。

私、全然旅行に行ってなかったんだなぁと青山さんの指摘で改めて気が付きました。

で、一番「ああ…!」となった指摘が、コラム前半の「自由とは何か」と後半の「幸福とは何か」、この深すぎるテーマが入り交じって、ふたつを書ききるには、いまいち整理しきれていないのではないか??(実際のコメントでは、もっと優しくマイルドに書いてくださっています!)ということ。

そう。そうなんですよねぇ。言いたいことがありすぎて、でも決められた文字数はオーバーするし、まとめるには難しすぎて、自分でも答を出せずに無理やり終わってしまっていたのでした。

ここ、ここを考えるのが面倒くさい。面倒くさいけど、ここが出てこないとコラムは締まらない。

けど、指摘されて改めて考えて、考えて、私なりに納得する答えが出たような気がしたので、リライトして提出した原稿がこちら。

添削後の原稿

船の上で、自由と幸福について考えた。

昨年、家族で7泊8日のクルーズへ行ってきた。生まれて初めての船旅は、今まで行ったどんな旅とも違っていた。有り余る自由の中で、私は初めて本当の幸福を知った気がした。


港を出発した船が次の港に着くまで、船内では自由に過ごせる。食事は3食ともレストランに行けばいい(もしくはルームサービスが頼める)ので作らなくてもいいし、部屋が散らかっても、部屋を離れた隙にスタッフが掃除をしておいてくれる。そのほか、船の中にはプールや大型スクリーン、ちょっとした図書室やショッピングフロアまであり、日替わりでダンスや語学などの講座も開催されている。シアターでは連日ショーが催されるし、なんと子どもを預かってくれるキッズルームまである。

船旅で私が一番感動したのは、こんなにも自由な環境に自分がいることだった。誰からも制約されない、誰かのために何かをするのでもない。さりとて船上には巡らなきゃいけない観光名所もない。ただ、自分がしたいことをする。朝、目が覚めるたびに、この自由に、この喜びに浸った。

一方で骨身に染みて感じたのが、この自由を満喫することの難しさだった。それは食事の場面で顕著だった。クルーズではあらゆる料理が無料だった(とはいっても、旅費に含まれているのだけど)。コーヒーもジュースも飲み放題。スープやサンドイッチといったルームサービスも無料。プールサイドではカウンターで注文さえすれば、ハンバーガーもポテトもピザも無料で提供してもらえた。つまり、ざっくりと欲しいものは何でも手に入る状態にあり、私はかりそめに「有り余るお金を持っている感覚」を味わった。

でも…これが思ったほど、幸福とは思えなかった。その理由はこうだ。食べられる量(必要な量)には限界があって、いくら無制限に食べてもいいと言われたところで、必要以上のものは、もう単なる不要品でしかない。「何をどれだけ食べても無料だから」と貪り食べると、お腹が痛くなった。食べたいかどうかも考えず、ついつい欲張った結果、あとから本当に食べたい料理が出てきたときに食べられないこともあった。

旅のはじめの浮かれた数日を経て、私は気が付いた。

何でも手に入る自由を満喫するためには、まず「自分がどうしたいか」を自分で理解していなければいけない。どんなに自由でも、自分が何を食べたいか、どれだけ食べたいかを分かっていなければ、「自由」に振り回されているだけで、全然楽しくない。

このことに気が付いてから、私はどうしたいのか、常に私に問うようにした。本当にそれ食べたい?本当にそれが飲みたい?自分に問うことをして初めて、私は今まで全然「自分」に問うことをしてこなかったのだと気が付いた。船旅の後半、本当に食べたいものを食べたいだけ食べられるようになると、私はとても満たされた気持ちになった。そして、それはちょっとでよかった。どんなに恵まれた状態にあっても、最終的に「自分がどうしたいか」が分かっていないと、幸せにはほど遠いのだ。

日常で、家事に育児に仕事に追われていると、自分のことを振り返る時間はない。押し流されるように日々が過ぎていく。船の上で全くの、手放しの自由を手に入れて初めて私は自分がどうしたいのかを考えてみた。それは、とても豊かな時間だった。これこそが幸福だと思った。そして船を降りて気が付く。この幸福は船上だけにあるのではないと。普段の暮らしの中で、いつだって私は私に問えばいい。私はどうしたい?本当にそれをしたい?そうすることが幸福に近づく一歩なのだと。手に入れようと思えば、幸福はすぐ目の前にある。船旅で手に入れた幸福は、日常にもある。

私にとって、憧れの船旅に行けたということよりも、これに気付けたことが、なによりも幸福なことだったのだと思う。

書き直してみて、感想

前回の原稿と一番大きく変わっているのは、最後に書き加えた段落。

日常で、家事に育児に仕事に追われていると、自分のことを振り返る時間はない。押し流されるように日々が過ぎていく。船の上で全くの、手放しの自由を手に入れて初めて私は自分がどうしたいのかを考えてみた。それは、とても豊かな時間だった。これこそが幸福だと思った。そして船を降りて気が付く。この幸福は船上だけにあるのではないと。普段の暮らしの中で、いつだって私は私に問えばいい。私はどうしたい?本当にそれをしたい?そうすることが幸福に近づく一歩なのだと。手に入れようと思えば、幸福はすぐ目の前にある。船旅で手に入れた幸福は、日常にもある。

この部分は、添削してもらってから10日間、ウンウンとずっーと頭の片隅で考えていて、リライトの締切が添削から10日以内だったので、最終日考えても分からないけど手を動かしていたら、最後の最後に、するする手が動いたという感覚で書いていました。

リライトした原稿を読んだ青山さんからは、文章として、前回よりややすっきりして、ぐぐぐっと深まりましたねというコメントをもらいました。

最後の段落、ここが私が一番言いたかったことなんだなぁとリライトしてみて、初めて気が付きました。

このことに気が付けたから、船旅って本当に最高だったな、と思えたし、船旅に行かなくても私、幸せなんだなって思えて、心おだやかに毎日を送れるようになったし、だから船旅が好きなんだなぁと改めて。

この結論にたどり着くには、きっと1人では難しかっただろうし、青山さんと一緒だったからたどり着けたなと思っています。1人では難しくても、誰かと一緒なら行ける場所がある。

添削講座を通して本当に素晴らしい体験をさせてもらったなと思います。改めてありがとうございました!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。