京都 花遊小路に新オープンのBar The Northern Lightsへ。昼間っからお酒が飲める♪

  • ブックマーク

明け方とか少し涼しくなって、何だかもうすっかり夏も終わりな感じ。
涼しい風がふいたりすると、胸がぎゅうってなってちょっと切なくなりますね。

特にこの夏は、楽しいこと盛りだくさんで、
それがちょっとずつ思い出になって行くのが、なんだか寂しい。

けれど、秋がきてしまえば、秋は秋で楽しみも山盛りなんですけどね!(たぶんね)

さて一昨日、花遊小路に新しくオープンした「Bar The Northern Lights」に行ってきました。

花遊小路とは、新京極通を四条から上がって一筋目を東に入った通りなんですが、
ここ何だか独特の雰囲気があって。知る人ぞ知る、秘密のエリア的な感じで、私は好きです。
カフェさらさもこの通りにあります)

お店は、1階がスタンディングで、カウンター前やテーブルのそばに立ってお酒を楽しむスタイル。
2階には、ちゃんと座れるスペースもあります。

2階は17時オープンですが、1階のスタンディングスペースは、なんと14時にオープン。
真昼間からお酒が楽しめるというわけです(*^-^)ふふ。

というわけで、私もまだ陽の高いうちから、いただきました。

一杯目は、気になっていたフルーティな味わいのベルギービール。
にしたんですけど、やっぱり私ビールは苦手(笑)
のどごしを楽しむお酒の良さは、分からない…というわけで、

カウンターに置いてあるボトルを眺めていたら…!

私の大好きな日本酒、も置いてありましたよ!これこれ!
「ことり会だよりVol.3」でも私のお気に入りとして紹介していますが、
日本酒なのにスパークリングワインのようで飲みやすく、すっきりとした甘さがあとをひいて
延々飲んでいられる(危険!)

そして、昼間に飲むお酒は、異様に美味しい。

カウンターには、バーボン(だったかな)に生姜をつけたものとか、
モヒートのフローズンとかも置いてあり、新しいお酒に出合えるのも魅力。
いいなぁ、いろいろ試してみたいなぁ。

手頃なおつまみもいろいろ。

ラムレーズンクリームチーズ、おいしかった!

この日は、ビール、日本酒の澪、おつまみなどなど2人で3000円。
サービス料が含まれるのか…な。

私はもう十分大人といえる年齢ですけど、こんな大人な雰囲気の場所には、滅多に行くことがなく、
たまに行くと、スマートな接客に、スマートな空間…背筋がしゃんと伸びるような気がしました。

それにしても、こんな昼間から飲めるBarってあんまりないんじゃなかろうか。
こんなステキなBarで待ち合わせして、サクッと飲んで、ササッと引き揚げ、ディナーへ行くとか
そんなおしゃれなことしてみたいなぁ。 あ、イケメンのバーテンダーさんにも注目(笑) です。

Bar The Northern Lights
住所:京都市中京区新京極四条上ル一筋目東入ル(つきあたりです)
電話:075-746-4894
時間:14:00~23:00(1F) 17:00~2:00(2F) 水曜定休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。