「ことり会」 夏の東京出張…1日目

  • ブックマーク

暑くて忙しかった8月が終わり、9月になってしまいました。雨の月曜日。
そろそろ東京出張のことまとめておかないと、記憶が薄れていく…。

というわけで、ちょっとずつ旅の記録を更新していきたいと思います。

撮影した写真を見ていたら、なんと2泊3日の旅で120枚も撮っていました!
1日40枚…は載せきれないので、選りすぐりの写真のみ挙げて紹介していきます。

そもそも、「ことり会」でなぜ「東京出張へ行こう」ってなったかというと、
ことり会の3人+センムの4人が揃った飲み会で、
何となく「ライオンキング見たいよね~」「あれは絶対見た方がいいよ~」という話になり、
「え、東京行く?(大阪でもやってるけど)」「行く?みんなで行っちゃう?」と、
あっという間にその場で日にちまで決まり、ノリで話が広がっていったのです。 

お酒の力すごい。

それで、せっかく東京行くならば、普段お世話になっているけれど、
電話とメールでしかやりとりができていない、東京の編集部や会社の方に挨拶もして、
ついでに営業活動もできたらいいねって話していたんですが、
お盆だなんだとバタバタしてたら、そんな連絡をするまもなく当日が来てしまい、
結局、自分たちの行きたい所やりたいことだけを盛り込んだ旅となったのでした(笑)

行きたいところをそれぞれリストに挙げると、見えてきた旅のテーマは、「文具&雑貨」。

いざ、出発。 

8月20日(火)午前11時半ごろ。東京駅着。
 

 

そういえば、すっかりきれいになっていたんでした、東京駅。
レンガ造りの駅舎がまぶしい。美しい造形にしばしみとれます。 

腹ごしらえにお蕎麦。みんなはすだち蕎麦とか注文してたけど、
私は、そばがきが食べたくて、そばがき+わさび飯。

お蕎麦は、関東風なのか、関西風の出汁とまず色が違う!黒い!
楽しみにしてたそばがきは、もっちりしてなくて、ん?モサッとした団子のよう。

「これはそばがき…じゃない!団子、団子」って叫んでいたら、ねーさんに
「ライターなんだから、せめてもっとほかの表現はないのか」ってつっこまれたけど。
団子だった。

これも文化の違い…なのか(?) ちなみに私は、関西風の方が好き…。
でも、わさび飯は何杯でも食べられそうっていうくらいおいしかった。
ま、なに食べても4人一緒だから、楽しくて。これも旅の思い出。

東京駅前にある「KITTE」へ(辻ちゃんの後姿が可愛らしくてパチリ)
ここは、日本郵便が初めて手がける商業施設…だそうで、その名もずばり「切手」から来てるんだよね。

銀座にあるホテルに荷物を置いたら、続いて魅力的な文具が揃う「カキモリ」へ。

「カキモリ」のある蔵前というところは、下町らしく、お店のまわりにも
気になるスポットがたくさんありました(サイトにあれこれ紹介してありました)

便箋、ノート、万年筆、革小物…センスのいい品ぞろえに、それはもうワクワクしました。
ステキなものがありすぎて、逆に何を買っていいのかもう分からない(笑)
何でも、表紙とか中の紙とか好みのものを選んで、オリジナルノートを作ってもらえるというので、
辻ちゃんとセンムは、楽しそうに選んでいました。 

山田ねーさんも、文具いろいろ大人買い。
(ねーさんのブログでは、今回の旅で購入したすべてが紹介してあります)
結局私は、本当に何を買っていいか分からず、何も買わず(笑)
みんなが驚くほど購入してて、圧倒されたのかも。 

 

蔵前をぶらぶら歩いたら出合ったスカイツリー。
なぜだか見ただけでテンション上がります。 

夜は、スカイツリーのお膝元、押上にあるワインバー「WINE 遠藤利三郎商店」へ。
東京の編集の方に「一回行った方がいい」と教えてもらったお店。 

駅を出たらすぐそばにそびえたつスカイツリー。

お店は接客がスマートで、ワインも食事もおいしく、気が付いたら4時間くらい経っていたのでした。

なんか東京の人って、みんなシュッとしてるって思いました。服装も対応も。
そつがないというか、スキがないというか
お店の人なんか、みんな雑誌に出てきそうなくらい、キレイな人もいて。 

 

そして私、浮かれたのか、驚くほど料理の写真撮ってない。

 

撮ったの最初に出てきたパンくらい。しかも手前がボケてる。
というわけで、初日ホテルに返ってきたのは24時過ぎ。(翌日もあるのに、浮かれすぎ)

寝る前、私とねーさんは部屋にマッサージの人に来てもらい、全身ほぐしてもらいました。
5400円なり。

25時半、就寝。

2日目に続く。

「ことり会」 夏の東京出張…2日目(前編)

「ことり会」 夏の東京出張…2日目(後編)

 


最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。