PUBLICS HERITAGE(パブリクスヘリテイジ)

  • ブックマーク

ステキなバーを取材した。

京都のオフィス街、烏丸三条にある「PUBLICS HERITAGE」。

日本のトップデザイナー・森田恭通さんがデザインしたという店内は
ランプシェードの温かな光に包まれていて、幻想的な雰囲気。
Barって言うとクールなイメージだけど、
ここのオーナーは寛ぎとか安らぎが感じられるような空間にしたかったんだそう。

お酒は、旬のフルーツを使用したカクテルや、
70年代のレアなウィスキーやブランデーが数多く揃っていて
珍しいお酒を求めて県外からお客さんが来ることもあるんだとか。

さらにオーナーは、お酒と共にグラスも楽しんでもらいたいと、
さまざまなグラスを用意。ちなみに撮影用に用意してもらったカクテルは
バカラのグラスに入っていました。
バカラのグラスに入っているというだけで、なぜか気分も違う。

サイドメニューもすごく凝っていて、
和菓子屋さんが作る生チョコレートや、
農家から直接仕入れるマッシュルームを使ったメニュー、
自家製レーズンバターなど、厳選され、
きちんと手間をかけて作られているものがたくさんあった。

オーナーは、�@つ質問したら�I答えてくれるくらい
お店のあらゆることに対して情熱を持っていて、
本当においしくお酒を楽しんでもらいたくて
このバーを作ったんだなというのがひしひし伝わってきた。

カップル同士より、男同士、女性同士、女性一人の客が多いとか。
私が思うに、ひげを生やした低い声のイケメンオーナー目当てに
来る女性客も多いんではないかと思います…。

パブリクスヘリテイジ
住所:京都市中京区烏丸通三条東入ル南側 烏丸アネックスB1F
電話:075-212-8898
時間:午後6時~午前3時 日休。チャージ:300円

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。