1/19(日)【文学フリマ京都@みやこめっせ】(入場無料)に出店します!持っていく本を紹介。

  • ブックマーク

明後日、1月19日(日)にみやこめっせで開催される第四回文学フリマ京都【入場無料】に、フリーランス編集者でライターの太田明日香さんと一緒にでます!

第四回文学フリマ京都

2020年01月19日(日) 11:00〜16:00
京都市勧業館 みやこめっせ 1F 第二展示場C・D(京都市・岡崎)
入場料 無料
出店名: 京都くらしの編集室
ブース: い-04 (1F 第二展示場C・D)
イベント詳細: https://bunfree.net/event/kyoto04/

当日持っていくものを紹介

洋館ZINE 550円(税込)

洋館好きが高じて作ったフルカラー全12ページのZINE。ことり会だよりの連載で紹介していた洋館を1冊の冊子にまとめました。

下記6箇所の洋館を写真入りで紹介しています。

1)駒井家住宅
2)京都府庁旧本館
3)長楽館
4)東華菜館
5)村上開新堂
6)夢二カフェ 五龍閣

洋館に行くのが好きすぎて、昨年からは洋館という麗しい空間に身を置き、ただただ料理を楽しみ、おしゃべりをするという集まり「京都洋館めぐりの会」も主宰しています。

「亡くなった人と話しませんか」サトミ著 1430円(税込)

スピリチュアルテラーとして、亡くなった人からの声を届ける活動をしているサトミさんにインタビュー&ブックライティングのお手伝いをさせてもらいました。「人間は死んだらどこに行くのか」「大切なあの人は今どこで何をしているんだろう」誰しもそのように思ったことはあるのではないでしょうか。幼少の頃から不思議な力を持ち合わせていたサトミさんに、多くの人が知りたいと思う死後の世界についてお話してもらいました。

[itemlink post_id=”20555″]

駒井家住宅のパンフレット 500円(税込)

左京区にあるヴォーリズ建築の駒井家住宅。そのパンフレットの編集を担当させてもらいました。ふだんは駒井家住宅にまで行かないと手に入らないのですが、今回特別に置かせてもらうことになりました。この機会にぜひ!

共著「京都 朝あるき」1540円(税込)

友人との共著、京都の朝に特化したガイドブック「京都 朝あるき」。観光客であふれかえる京都ですが、朝のうちに動けば、人は少なく渋滞もなく、きれいな眺めを堪能できます。朝から行ける名所やお店を、全ページイラスト入りで紹介。私たちが実際に足を運び、本当にいいと思ったところだけをセレクトしてしています。

[itemlink post_id=”20519″]

ことり会だよりのバックナンバーとポストカード(各1部150円)

ことり会だよりの在庫,ある限りを持っていくのと、表紙のデザインをそのままポストカードにしたものがあるので、それも持っていきます〜!ことり会のファンの方、なにとぞ、よろしくお願いいたします!

冊子「花園」(無料)

過去に「いのち」や「育児」をテーマに連載させてもらっていた冊子「花園」。本棚の整理をしていたら、在庫がたくさん出てきたので、読みたいと言う方に無料でお譲りできればと思っています。

全24本のエッセイはこちらでも読めます(ページ左側にある各月を選ぶと読めます)。

第四回文学フリマ京都【入場無料】
2020/01/19(日) 11:00〜16:00
・会場: 京都市勧業館「みやこめっせ」
・詳細: https://bunfree.net/event/kyoto04/
#文学フリマ

 

よろしくお願いいたします!

 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残席1)