そして時は2020!明けましておめでとうございます。

昨年、大晦日に出雲大社に行ったのが良かったので、今年も行ってきました。三が日に初詣に行くと、駐車場に車を止めるのも一苦労なのだけど、駐車場はガラガラ、人はまばらで、本当に参拝しやすい。

松の木が立ち並ぶ参道を進んで本殿へ。

きりっとした空気に、心が浄化されるような気になる。ここに来るだけで、癒やされるなぁ。

行列することなく参拝。

出雲大社は、横からこの美しい屋根を見るのが楽しい。

出雲大社ヘ向かっているときは、雨が降っていたのだけど、着いたらちょうど晴れ間が出てきて、虹も見られた。

大しめ縄のあるところにも。1年の最後にお参りできると、スッキリ年越しできるような気がする。

朝は、京都出身の夫が作る白味噌の京風お雑煮。今年は婦人画報のお取り寄せで注文したお節。

今年の目標は何にしようかな。仕事始めとなる6日までにゆっくり考えようと思います。

2020年の始まり。
今年もどうぞよろしくお願い致します!

 

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!