新年、明けましておめでとうございます。今年の目標は「自分との約束を守る」。

  • ブックマーク

あけましておめでとうございます。

ふと思い立って、今年は初詣を大晦日に済ませてしまいました。そう、年末に出雲大社へ!年末に行く時点で、すでに初詣ではないけれど。夏に帰省したときにはなかった、鳥居がどどーんとそびえ立っていた。

大晦日に出雲大社へ行くと、道路も混んでいなくて、参道にも全然人がいなくて、とても良かった…!

ご縁結びの出雲大社のお陰様か、本当に人にも仕事にもご縁は恵まれていて、そのお礼参りを。本当にいつもありがとうございます。

ひとが少ないと、本当に静かにゆっくりとお参りすることができました。これから毎年こうしようかな。

元旦は、京都風の白味噌のお雑煮。そしてオイシックスのミニお節。

いつも9時に寝かしつけをしているせいで、年越しは12時まで起きていられず、サザンもユーミンもリアルタイムで全然見られなかったんだけども!

元日の午後からは、ヒマを持て余す子どもたちを連れて、映画「シュガーラッシュオンライン」を見にいって、のんびり過ごしました。

そして今日も瞑想しながら、今年の目標何にしようかなと思っていたら、「自分との約束を守る」というのがふと浮かんだので、2019年の目標はこれ。自分とした約束は守ること。

「毎朝瞑想する」とか、「この原稿だけは今日のうちに書き終えたい」とか、そんな小さな自分との約束を守ることを大切にしていきたいなぁと思います。

というわけで、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。