2020、初詣は一畑薬師へ。

  • ブックマーク

 

元日、初詣に弟家族と一畑薬師へ行ってきました。

場所は、標高200メートルの一畑山上。長い階段(1300段余りの石段)の上にあるので、行き着いた先の眺めは本当に素晴らしい!!山の向こうに見えているのは宍道湖。

「目のお薬師さま」として有名だそうで、「め」と書かれた絵馬がたくさん。

1歳の弟の子どもが可愛くて仕方のない我が子たち。赤ちゃんをとりあって2人でケンカしている。ペットか何かと勘違いしてるんじゃないか。

この日は初めて、お砂踏みというのに挑戦。

お砂踏みというのはサイトによると

百八観音霊場のお砂踏みができます。このお砂踏みは、108の寺院の境内のお砂を集めておりますので、この砂を踏みしていただくことにより、108寺院を実際に巡拝するのと同じご利益をいただくことができると言われています。

とのことで、本当に108つのお砂(の入った座布団のようなもの)を踏んだ。

1つ踏むと、おさい銭の代わりのお札を供える。

こんな感じで。

新年早々、ものすごい御利益のあることをした気でいる。

 

駐車場から、お寺に行くまでの参道に、昭和で時間が止まったままのお店がたくさんあり、心踊る。こういうの大好き。

名物だというまんじゅうを食べる。1つ70円。買ったのは、紫芋ときな粉と酒粕の3種。意外と美味しくて(失礼!)息子にせがまれもう一度買うなど。

宿望にもなっているコテージがものすごく見晴らし良さそうな所にデーンと建っていて、いつか泊まってみたいなと思う。

一畑寺(一畑薬師)

〒691-0074
島根県出雲市小境町 803番地
TEL 0853-67-0111
寺務所(総受付) 8:30〜 17:00

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残席1)