【お仕事しました!】雑誌「婦人画報」7月号は京都特集!!

  • ブックマーク

こんにちは。京都で活動しているライターの江角(@ezu1030)です。

本日発売の婦人画報7月号・お取り寄せ冊子にて、京都は二年坂に工房を持ち、御所人形を手掛ける島田耕園さんのぺージの取材・執筆をしています!

広告

今回の婦人画報は京都特集!

特集のテーマは「新顔の京都」ということで、新しくオープンしたお店・スポットがたくさん紹介してありました!

お店のセレクト基準がザ・婦人画報という感じで楽しい!

「ここぞ!」というときに行けたらいいなぁというような高級店ばかりが、美しい写真とともに紹介してあって、眺めてるだけで優雅な気持ちになってきます。毎回言ってるけど、婦人画報を読んでいたら、セレブの世界を垣間見る庶民(私)…という気分になる(笑)

特集の中に、「作詞家の松本隆さんが案内する京都」というのがあって(今、松本さんは京都に住んでらっしゃるとか!すごい。作詞:松本隆&作曲:筒美京平の歌とか、ホント好き)。その中でホホホ座が出ており、文中に店主の山下さんがさりげなく登場したりしていて、山下さんはオザケンとも知り合いだし、本当何者!!??すごい!と思ったことです。

以前ブログで紹介して、反響のあった万治カフェも載ってた。

このクッキーの詰め合わせは、お取り寄せもできるようになってた。

そんな感じで「京都特集」とっても読み応えがありました〜!!

特別付録は扇子!

たしか昨年もあったかな? 特別付録は、夏の定番の「扇子」。

今年は、京絞りの名店「片山文三郎商店」の伝統柄である「唄絞り」模様を全面にあしらった、モダンテイストの扇

とのことで、とっても涼やかな印象の扇子。これから来る暑い京都の夏。カバンに忍ばせておくのもいいかもしれない。
というわけで、婦人画報、ぜひ手に取って見てみてください。

婦人画報 2018年 7月号

婦人画報 2018年 7月号

posted with amazlet at 18.05.31
ハースト婦人画報社 (2018-06-01)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。