週末は動画の撮影&夜のお酒

  • ブックマーク

日曜日は久々の動画撮影のお仕事。

朝から撮影へ。久々の現場。ライターというより、動画撮影のディレクター的な。 #取材後姿コレクション #kyoto

ライター小春/江角悠子さん(@yuko_ezumi)が投稿した写真 –

以前、別のインタビュー仕事でご一緒させていただいた方も現場にいて、
「江角さんてこんな仕事もされてるんですね」と言われて、そうなんですよーとお返事。

文章を書くライターとしての仕事が大半だけど、どこの部分をどう切り取って
まとめたらいいのかという編集(?)ディレクター(?)のようなお仕事もたまにあり。

今回は「最終的にこんな動画にしたい」というのをカメラマンさんに伝えて、
そのための絵を撮ってもらい、編集された動画を元に
テロップ原稿を作成するなどのお仕事でした。

スチールのカメラマンさんもいるよ。 #取材後姿コレクション #kyoto #取材

ライター小春/江角悠子さん(@yuko_ezumi)が投稿した写真 –

1日立ちっぱなしで足が棒。何とかやり終えた夜はやっぱりこれ。

頑張った私に。 #澪パ #澪 #薪ストーブ #kyoto

ライター小春/江角悠子さん(@yuko_ezumi)が投稿した写真 –

、おいしい。
リッチなゴールドバージョンも出ているとかで、こちらお正月での乾杯に良さそう。

澪の後は「やまや」で購入した宮城・一ノ蔵のお酒「ひめぜん」を。

一ノ蔵は「すず音」にはまって知ったのだけど、ほかもけっこう私が好きな味が多く
見つけると何か買わずにいられない。

ひめぜんはすごくすっきりしてるのに、ほんのり甘くて呑みやすかった。おいしい。
夫は「この甘酸っぱさは、苺のよう」と表現していたけれど、
確かにすーごく爽やかな苺といえなくもない。
全部飲むのはもったいなかったので小さなお猪口でちびちび飲んで、半分はまた今週末に。

日本酒って翌日残らないのがいいな。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。