「民族学博物館~みんぱく~」に行ってきた!子連れでも、ものすんごい楽しめる所です。

  • ブックマーク

先日、ついに大阪万博記念公園内にある民族学博物館へ行ってきました!
TOKK10月号でも取り上げられ、山田ねーさんが取材に行き、
羨ましく思っていたあの場所へ。

で、みんぱくへ行く前に、どーしても見たかった太陽の塔。

絵になる!太陽の塔

間近で見る太陽の塔はものすごい存在感で、感動しました!ホントーに素晴らしい。
スピリチュアルスポットではないですが、すごくパワーを感じました。
ずーっと眺めていたいくらい、魅力的な作品。

横から。

後から。といろんな角度から、太陽の塔を満喫。

世界一周気分で楽しめる、みんぱく!

そして、いざみんぱくへ。

みんぱくとは、簡単に言えば、世界各国の文化、生活様式、
芸能・音楽などの資料が集め、展示している資料館。

現在、28万点の標本資料、8万点の映像・音響資料、
63万点の文献図書資料などを所蔵するとかで、
そんなにものすごいところとは全く想像しておらず、
その広さと展示物の多さに圧倒されてしまいました。

世界一周が夢である私にとって、世界中の文化を見て、知ることができるみんぱくって
まるで夢のような世界なのでした。楽しすぎるみんぱく、写真撮影OKだったので、
気になるところ、全部撮ってきました。

どれが何だか、あんまりよく覚えていませんが(笑)
きっと眺めているだけで楽しいので、ご紹介。

モアイ像も見られる!

いきなりモアイ像のレプリカ。

民族衣装。

こちらは、TOKK10月号でも紹介されていたパプアニューギニアの仮面。
よく見ると…「太陽の塔」のデザインによく似ている?とか。

南米エリア

こうしてみると、私は南米の文化に興味があるんでしょーか。

どうにも惹きつけられるこの風貌。

大好きなカゴバッグ。

展示を見た後は、実際に展示物を触れる体験コーナーも。
貴重な資料を触れるなんて、すごく嬉しい。

このお面はこんなに重いんだ!とか、こんな手触りなのか!とか
体験できるのが、すごく楽しい。

黒幕が張ってあるボックスの中に手を入れて、何が入っているか想像するというもの。
これ、一体何が入っているのか全く分からず、ドキドキです。

さらに私が気になったのは、みんぱくの中庭?になるのか、この場所の雰囲気。
近未来のような、古代遺跡のような。すごく気になる場所でした。

ここで何かの撮影をしてみたい。

みんぱくレストラン

そして、みんぱくのすぐ横には、エスニック料理が食べられるレストランもあります。

子連れにとってお約束の「お子さまランチ」900円。ジュースも付いてます。

ガパオご飯 1350円。

これスパイスが効いてて、おいしかった。
タイカレーとかフォーとか、ナシゴレンとか異国の料理が揃ってて、選ぶのも楽しい。

その他のメニューはこちらにたくさん載っていました。
みんぱくレストラン 

 

みんぱく、楽しすぎる!みんな行けばいいのに!ということで、紹介してみました。
ここは1日いても楽しめる、もはやテーマパーク。
息子も、いろいろ興味を持って見ていました。
ただ、ところどころものすごい形相をしたお面があって、「こわい~」と泣いていましたが。
最後のミュージアムショップもたまらない場所。

みんぱくのすぐ横には、大阪日本民芸館というのがあって、
各地の優れた工芸品を展示しているとかで、こちらもぜひ行ってみたい!

で、家に帰ってきて、あのボリュームたっぷりのみんぱくを
山田ねーさんはいったいどうやって記事にしていたのか?
もう一度TOKK10月号を読み直してみたら、ものすごくコンパクトに
きちんとポイントを押えた記事になっていて、すごいーさすがーと思ったのでした。

国立民族学博物館データ

大阪府吹田市千里万博公園10−1

住所:大阪府吹田市千里万博公園10−1
電話:06-6876-2151
時間:10:00~17:00(入館は~16:30)/水曜休(祝日の場合は開館、翌日休)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。