京都文化博物館すぐ横のアンティークショップ「70B ANTIQUES」お手頃でビックリ!

  • ブックマーク

先週末は、河原町に出て、友人2人の展覧会巡りをしていたのですが、
久々に街中にでると、発見がたくさんありますね!

ぷらぷら歩いていたら、すごく魅力的なアンティークショップを見つけたので、紹介。
京都文化博物館の東横にある、Duce Mixビルの地下1階。
地下に降りる階段にまで、アンティーク品があふれていて、
吸い込まれるように降りていくと…

店内にも、アンティークの家具、雑貨、食器、照明などがぎっしりと詰め込まれてて、
ここは天国かと思いましたよ! 猛烈にテンション上がりました(笑)

HPによると、1890年代~1960年代のイギリスとフランス•ベルギーを中心に吟味した
40,000点以上のアンティーク•ブロカントと厳選されたアート作品、
さらにはジャンクテイストなアイテムまで揃えたアンティークショップ、だそう。

小物から大物まで、本当に所狭しと…。
それで、お値段を見たところ、何となく他の店よりお安い?

 

アンティークショップに行ったら、必ずチェックするアンティークキー。
こちらの値段をスタッフの方に確認すると、1本400円。

こーれは、かなりお手頃な店だと分かりました!

アンティークキーは、パリの蚤の市に行ったときにもいろいろ探し回ったのですが、
現地でも割といいお値段で、1本800~1500円。

最後の最後に、最安値1本200円のお店を発見しましたが、
日本のお店で購入しようと思うと、安くて1000円、
相場はだいたい1本1500~2500円といったところ(小春調べ)

それが、日本で購入できて、しかも1本400円とは激・安!

お店の方に話を伺うと、もともとはオーナーは、
本場イギリスのアンティーク業界で経験を積んできた方で、
独自のルートで、しかも1回4000本と大量に仕入れるため、
他店より値段が抑えられているのだそう。

というわけで、爆発しそうな物欲を抑えて、3本だけ購入しました。

アンティークキー、特に使い道があるわけでも、何の役に立つわけでもないのですが、
見つけると、買わずにはいられない。

買ったアンティークキーは、ただ置いて飾っているだけ。
小春の鍵コレクションはこんな感じです。

玄関に並べている。

もう古い鍵が並んでいる姿を見るだけで幸せになれるので、
密かに役に立っているのかもしれない。

可愛らしいイラストが描いてある箱は、イラストレーター・辻ヒロミちゃんからのプレゼント。
で、鍵のほとんどは、ココチ・ラトゥリエの麻衣さんがパリで買ってきてくれたもの。

小さい鍵は箱に仕舞い込んでいて、普段目にすることもないのだけど。

 

この写真見ているだけで幸せ。
アンティークキーを集めて愛でるだけという、協会でも立ち上げてやろうかしらというくらいです。

というわけで、三条通り高倉東にあるアンティークショップ「70B ANTIQUES」、
品数豊富だし、お手頃価格だし、で本当にオススメです。

ちなみに、本日はお休み。明日9日(日)は、13:00より通常営業再開だそうです。

 




70B ANTIQUES


住所:京都市中京区三条通高倉東入桝屋町53-1 Duce MixビルヂングB1F
電話:075-254-8466
時間:11:00~20:00、不定休

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。