天王寺動物園

広告

動物園取材もいよいよラスト!
先週の日曜、大阪の天王寺動物園に行ってきた。

真っ先に訪れたのは、昨年9月にオープンしたアフリカサバンナゾーン。
緑の草原が広がる中で、キリンや、ダチョウ、シマウマなど草食動物がのんびり過ごしている。
そして、その手前には、肉食動物のライオンが!
シマウマはライオンに食べられないのか?と思いきや、
その境界にはしっかりと深い濠があるのです。
肉食動物と草食動物が一緒にいる珍しい光景が見られるというのが、ここのウリ。

エリア内には、キリンの首より高い大きな樹が植えられ
周りには木が生い茂りビルがほとんど見えない。
そんなディズニーランドを思わせるほどの徹底した作りこみで、
都会の真ん中ですっかりサバンナ気分。

それにしてもこの暑さ。本当にアフリカを満喫しているよう。

撮影のため、炎天下の中、園内を駆けずり回るカメラマン&飼育員、そして私。
朝早く行ったにも関わらず暑さのためか、動物たち早くもノックアウト。
ライオンがダメなら、先にゾウを。
ゾウが終われば、カバは水から顔を出したかな?
レッサーパンダ風太くんの妹・シュウナちゃんは?
ぐるぐるグルぐるぐる。
でも、ぜーんぜん動きのある写真は撮れない。
ひたすらゴロ寝。

カバはとうとう最後まで顔を見せてくれなかった。
可愛いおしりとバタバタ動く後ろ足を眺めて終わり。

4カ所目の動物園なのに、かわいらしい姿が見られると思うと
全然飽きることなくウキウキしてしまうのが、動物園マジック!
でも暑さにやられた。こんな過酷な取材…。
雨の中、登山を5時間したときよりキツイね、とカメラマンと言い合う。

ただ、人は少なくて動物たちを間近で見やすい。
しっかり動物を見たい人は、真夏がチャーンスです。

天王寺動物園
住所:大阪市天王寺区茶臼山町1-108
電話:06(6771)8401

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします