京都・伏見「御菓子司 栄泉堂(えいせんどう)」のみたらし団子がおいしい!伏見稲荷神社から徒歩圏内。

  • ブックマーク

伏見区にある手作り和菓子の専門店「御菓子司 栄泉堂」には上生菓子や焼き菓子などもいろいろ並んでいるけれど、一番のオススメは、みたらし団子(1本80円)。

いつだったか忘れたけれど、ここのみたらし団子は全国菓子博覧会の金賞を受賞したそうで、こじんまりとしたお店ながら、1日200本限定(だったような?)のみたらし団子が昼前に全て売り切れてしまうほどに人気なんだそう。

取材中、ナゼそんなに人気なの?と思っていたけれど試食させてもらったら、答えは簡単。とーっても美味しかったのです。
何より驚いたのが、お団子の食感で、お団子とは思えないくらいふわっと柔らかくて、例えるならマシュマロのような。
こんなに柔らかいみたらし団子は初めて。

カメラマンさんと2人「おいしー!これは売り切れるはず」と納得。甘すぎないタレもまたいいのです。

あまりにも美味しくて、もらったみたらし団子を全部その場で食べてしまいたいくらいだったけれど、この美味しさはぜひ旦那やお義母さんにも伝えなければ、と我慢したくらい。

このお店は伏見稲荷神社から歩いていけるところにあるので、観光ついでにぜひ寄ってもらいたい!

御菓子司 栄泉堂
住所:京都市伏見区深草直違橋8丁目248
電話:075-641-3462
時間:9時~19時30分。火休


——

雨が降ったりやんだりと、変な天気だったけれど、
そのおかげで見事な虹を見ることができた。しかも2回!
虹を見ると、なんであんなに幸せな気持ちになれるのでしょう。

さて、取材中には、その場の雰囲気を覚えておく意味で
いろいろなシーンをメモ代わりに写真に収めるのだけど、
今、過去に撮った取材中の写真を見返していたら、
とっておきの和菓子屋さんがあったのを思い出した!ので記事にしてみました。

ちなみにこの(↑)写真を見て、その和菓子屋さんのことを思い出したのでした。
この日一緒に取材して回った美人カメラマン。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。