京都・あぶり餅「一和」…今宮神社前の和菓子処

  • ブックマーク

今宮神社といえば、あぶり餅。東門を抜けたところの参道に同じあぶり餅を扱うお店が2軒、向かい合っています。

あぶり餅の味は違うのかな?片方のお店の看板には「元祖」と書いてあるし、もう一方には「本家」とあってどちらの店に入るのか…どこで決めたらいいのかさっぱり分かりませんが、とりあえず今回は、一和さんにしてみました。

これこれ、このあぶり餅が食べたくて初詣へ行ったようなもの。一つ一つのお餅が小さく、一口サイズ。数えたら16本ありました。500円。

味噌が甘いというのが、なかなかイメージできなかったけれど、思えば京都のお雑煮は、甘い白味噌ベース。あぶり餅のタレは、お雑煮の甘さとは少し違う…何だろう、今まで味わったことのない甘さ。お砂糖の甘みもあるんだろうけど、それだけじゃない、こってりとした感じ。

素朴な味わいは、しみじみおいしい。コクがある、とろ~りとした白味噌のタレ、お餅にたっぷりつけていただきました。

きな粉の味もするなぁと思っていたら、きな粉を付けて焼いていたのでした。炭火で焼き上げるので、ちょっと焦げたところがまた香ばしい。

時代劇にでも出てきそうな風情のお店で、のんびり美味しい時間を過ごしたのでした。

次回は向かいの「かざりや」さんへ行ってみたい。というか、いつか両方のお餅を買って、食べ比べをしてみたいというのが、小さな野望。ま、1000円もあれば、実現できるんですけどね…。いつかまた。



一和(一文字屋和助)


住所:京都市北区紫野今宮町69
電話:075-492-6852
時間:午前10時~午後5時頃 水休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。