cake*cake*cake

  • ブックマーク

ケーキネタ、ラスト。

cake*cake*cakeは、すぐきで有名な御すぐき處なり田が
ペーパームーンの次にプロデュースしたケーキ専門店。

スローフードならぬ、スローデザートをコンセプトで、
直接、青果市場や農家から取り寄せたオーガニック素材を使って作る
ちょっとぜいたくなスイーツが自慢。

右のかぼちゃのチーズケーキ(420円)は、
旬のかぼちゃにヨーグルト、クリームチーズなどを
混ぜ合わせ焼き上げたチーズケーキ。
味をしっかりなじませるために1日寝かしているんだそう。
確かに味見してみると、しっとりなめらかな口当たり。
濃厚な甘さの中にも、クッキー生地にかかった
苦味のあるカラメルソースがアクセントになっててオイシイ。

左の抹茶ムースとほうじ茶のプリン(500円)は、
「残暑厳しいであろう9月でもさっぱりと味わえるように」と
考えて作られた和スイーツ。
抹茶のムース、ほうじ茶のプリン、黒糖の寒天と
食感の異なる3つの層が重なって、食べ進めるほどに、
いろんなおいしさが交じり合って、こちらもグー。

さすがに2種類とも試食するとお腹いっぱい。
話を聞くほどに、一つのケーキを作るのにも
いろいろな思いが込められているんだなとしみじみ。
そんな知られざる熱い思いを取材で聞いているからこそ
いざ試食させてもらったときに余計おいしく感じられるのかも。

どちらも9月15日から店頭に登場する予定。

cake*cake*cake
住所:京都市中京区姉小路堺町東入木之下町299
電話:075-254-4678
午前11時~午後7時
木休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。