ココチ本、あと少し…。

広告

毎週、ココチのお店が休みのときにお店に伺って、
少しずつ作業をしています。

先日、麻衣さんがレイアウトしたデータを一度プリントアウトしてくれました。
私も麻衣さんもプロのデザイナーではなく、ひたすら感覚で
いいなと思うようにレイアウトしていっています。

プリントアウトされたものを見ていたら、麻衣さんの作るページは本当に素敵で、
センスが良くて、見入ってしまいます。

私はその世界観をなるべく壊さないように、壊さないように、
そっとお手伝いをさせていただいている感じ。 

この素晴らしいセンスがあるからこそ、あの可愛らしいココチというお店があるのだなぁって思います。
最初はそのセンスが羨ましくて嫉妬していましたが(笑)、もう到底かなわない。諦めです。 

モデルさんの写真以外は、ほとんど麻衣さんが撮影していますが、
その写真も本当に可愛らしく、早く全国にいるココチファンの皆さんにお見せしたい。 

でも、あれもこれも掲載したいって思ったら、80ページの予定が、
120ページにも膨れ上がり、作業は増えるばかり。

コツコツやるしかないですが。世のデザイナーさんたちは、ホントすごいわ。 

 

先日、麻衣さんがとってもうれしいプレゼントをしてくれました。
小さな小さな花束…のように見える、シャーペン!! 

シャーペンのクリップのところにお花が付いていて、
手帳に挟むとこんな感じ。

可愛すぎるでしょう!! 
手帳を見るたび、テンションが上がります。

プチギフトにも良さそう。

 

そして レイアウト作業中には、
いつも麻衣さんがおいしいおやつとハーブティーを用意してくれます。

チーズケーキの日があったり、タルトの日があったり。 

 

甘いおやつを励みに、今日も午後からココチへ行ってきまーす。

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!