2泊3日の東京旅行。

  • ブックマーク

21日から3日間、東京へ行っていました。
目的は、小沢健二のライブ!!

あと、オザケンのライブ前日には、弟のファッションショーもあり、
うまいことスケジュールが合ったので、2泊3日で行くことに。
私だけ楽しむのは申し訳ないってことで、家族旅行にしたら、
費用がエラいことになっちまいましたが、ま、存分に楽しんできました。

念願の岡本太郎記念館へ。
大好きな作家のよしもとばななさんが絶讃していたので、
いつか行きたいなと思っていたところ。

ここは、庭がすばらしい。本当に。
併設されているカフェで、庭を眺めながらゆっくりしました。

あと渋谷パルコで、弟Yasutoshi Ezumiの服が期間限定で
販売されているというので、見に行きました。
でもブラウス1枚が3万円以上と、いいお値段なので、見ただけ(笑)
お近くの方はぜひ。

夜は、ベルサール渋谷という場所で、Yasutoshi Ezumiのファッションショー
もう秋冬コレクションなのです。

翌日、朝から築地へ。

こーんな、おいしい魚をいただくため。こちら誘惑丼1500円。

その後、浅草へ。雷門が見たかったのだー。
ちなみにこの巨大提灯は、京都の提灯屋さんが作っています。

そして、スカイツリーも見て。

夜はいよいよ、オザケンのライブ。きゃー。
興奮しすぎて、あまり覚えていないけれど。
「ぼくらが旅に出る理由」を聴いた時には、やっぱり涙が出た。感動。
オザケンは永遠に王子なのでした。

最終日は、これまた念願のジブリ美術館へ。
ここは残念ながら、館内で写真を撮ってはいけないので、
あまり紹介出来る写真もないですが。

充実の東京旅行。
忘れないよう、また時間がある時にブログに残しておこうと思います。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。