我が家のDIY…キッチンカウンターが完成

  • ブックマーク
昨年の夏にリフォームした我が家のキッチン(→BLOG…我が家のキッチンリフォーム)。

image
こんなんが…
375dc6fa
こんなんになり、

いったん落ち着いてからは、ずっーとこんな感じで
この3月までほとんど何もしていなかったのですが、
3月に雑誌「暮らし上手」DIY特集で取材に行ってからというもの、
何かしたくてしたくて(…ってやるのは全部夫だけど)
ついに、カウンターキッチン作ってもらいました!

こんなん作ってね、という私が描いたキッチンカウンターのイメージ図。

image
これを見た夫が、しみじみと、そして真顔で

      「本当に絵が下手なんだね」
 
と言いました。

私は2Dでしか絵が描けないということが改めて分かりました。
立体ってなに。 

で、このものすごいイメージ図を元に夫が頑張ってDIY
image

 2016-04-03-10-09-14



2016-04-03-11-41-53

2016-04-03-11-42-03

ついに、我が家に憧れのキッチンカウンターが!
あの絵が、これになりました(笑)
何がすごいって、夫の再現力のすごさよ。
2016-04-11-08-57-36
カウンターがあると台所作業がしやすくて、ホント気に入っています。
カウンターの内側に食器を仕舞えるようにしたので、
調理して振り向けば食器が取れるというのもいいし、
ゴミ箱が隠せるようになったのも気に入っている。

今まで置き場がなくてテーブルの上に出しっぱなしになっていた新聞も
マガジンラックに置けるようになってスッキリ。

カウンターキッチンを作るのにかかった費用は、
マガジンラックに使ったアイアンのタオルかけが一つ2500円だったかな?
それを含め、トータル2万円ほどでした。
2016-04-13-18-19-04
このカウンターは、子どもたちもお気に入りの場所になったようで、
2016-04-07-18-18-43
皆がここに集まってきます。

あとは良いスツールがないかなぁと探し中。
週末の夜は、カウンターにお酒とつまみを並べて
夫とお酒を飲んだりして楽しむなど。
キッチンで飲むって小回りが利いていいですね。
2016-04-18-09-43-57
キッチンスペース、まだまだいろいろやりたいことがあるのだけど、
カウンターのある生活、満喫しています。

カウンターの色や形、サイズ感…イメージを膨らませるのに
「セルフリフォーム DIY BOOK」に載ってた、いろいろなDIYがすごく参考になりました。

このゴールデンウイークに張り切って、DIYを!と考えている方、
ぜひ雑誌を購入して参考にしてみてください~☆


この本は、すごく好きで、時折引っ張り出してきては眺めてたやつ。



—————————————————————

●不定期エッセイnote「徒然コラム」

●お仕事のご依頼は、

writer.ezumi@gmail.comにメールをお願いします。
(分かる範囲で日時、〆切、ギャランティーなど、詳細の記載をお願いいたします)


最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。