note更新…「ダメな人の存在価値」「責任は誰にある?」

広告

noteコラム、1つ1000文字程度、30分以内で書くというルールを設けてコツコツと。
自分で課しておいてなんだけど、100コラムって遠いな! いつ達成できるんだろ!?

———

#003 ダメな人の存在価値
ダメな人ってまわりに生きる勇気を与えるんじゃ?
って思ったことをつらつらと。

 
目標は、愛されるダメな人。
(…いや、ちゃんとした人になれたらそれがベストなんだけど)

————

#004 責任は誰にある?

何でも人のせいにするのもおかしいし、
全部が全部、自分の責任というのもおかしいし。
このバランスがうまく取れてないとしんどい…ってことに
私、今まで全然気が付いてなかった。

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!