カフェミレットへ行ってきました!

  • ブックマーク

先日紹介したカフェミレットさんへ行ってきました♪
店内では、やっぱり薪ストーブがついていて、ほっこり。

この日は、2500円のコース以外に、
オープンサンド(700円)やカレーなどのメニューもありました。

これはカレーとセットのサラダ。

そして、これがメニューになかったのですが、子連れということで
特別にお子様プレート(500円)を用意してくださいました。

こういう心遣いが、心底うれしい。

そして、どのメニューも間違いなくおいしい!

サツマイモのサラダが、とても複雑な味で初めて食べた美味しさ。
ココナッツミルクと柚子がアクセントになっていて、
サツマイモにリンゴのシャキシャキした食感と。

手づくりパンも、もっちりとしていてちょっと酸味があって、ウンマイ!

ちょっとスパイスが効いていて辛みのあったカレーも、
息子、バクバク食べていました。

食事を楽しんだあとは、裏庭のようなところでプレイタイム。

お店の横に石窯がありました。
ここでパンを焼くワークショップも開催されていました、そういえば。

その向こうには、こーんな景色が広がっていて、川の水もキレイで、すごく癒される。
カラダにおいしい料理を頂いて、心が喜ぶ景色を眺めて、
ホントなんて魅力的なところなんだろう、って思います。

裏庭には、ヤギさんがいました。おそるおそる草をあげる息子3歳。

あと、ここには私が子どもの頃から憧れ続けた(笑)、ツリーハウスもあります。
写真撮り忘れましたが。

久々に晴れ間の見えた日曜日、
カフェミレットさんでとっても良い時間が過ごせたのでした。

 

カフェミレット
住所:京都市左京区静市静原町1118
電話:075-741-3303
時間:予約制ランチ 12:00~15:00くらいまで(1週間前までに要予約)
休み:休)水定休、ほかワークショップやイベントのある日はランチ休み

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。