「喫茶 ソワレ」…京都レトロ喫茶・憧れの青い空間

  • ブックマーク

木屋町四条を上がったすぐのところにある「喫茶ソワレ」
店内が青く光り、ここだけ独特の雰囲気を放っています。

先日この近くで食事をした帰り、初めて行ってきました。

雑誌やガイドブックなどでもよく取り上げられ、カフェ好き&京都好きの間では
とても有名なお店ですが、独特すぎる雰囲気のため、
私みたいな素人(?)が入っていいのかドキドキ。

子連れだったので、念のため大丈夫かどうか店員さんに確認したら、
「どうぞ、どうぞ」ということで、大喜びで入店したのでした。

大人の雰囲気だし、絶対無理かと思っていた…!

もうここは、入店するだけで夢の世界。別世界。
アンティークなしつらえが何とも素敵です。青い照明もいい感じ。
幻想的という表現がぴったり。で、妙に落ち着きます。

そして注文したのは、そんなソワレの世界観を映したかのようなコチラ。

カラフルなゼリーポンチ。600円くらいだったかな。
味はもう、いたってシンプルなゼリーとソーダなんですが(笑)
登場しただけで、心の中でキャー!と叫びたくなるような、可愛らしさ。

こちらは、ソーダではなく、ヨーグルトジュースのゼリー。650円くらいかな。
ソーダが飲めない子供用に。

老舗な感じだし、ハードル高いイメージでしたが、入ってみると、
誰でも受け入れてくれるような懐の深さ。居心地よかったです。
子連れでも楽しい時間が過ごせました。
(あとは、まぁ、タバコの煙さえなければ…)

そして、次なる憧れは、フランソワ喫茶室
ソワレが木屋町四条上ルで、フランソワは木屋町四条下ルで、近いんですよね。
こちらもちょっとハードル高いですが(笑)、行ってみたいお店の一つ。

喫茶ソワレ 
住所:京都市下京区西木屋町通四条上ル真町78
電話:075-221-0351
時間:火~土12:00~22:00(L.O) 日・祝11:00~22:00(L.O)
休日:月曜日(祝日の場合は翌日) ‎

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。