念願の「カフェ バスティーユ」へ 

  • ブックマーク

取材の合間のランチに前から行きたいと思っていた「カフェ バスティーユ」へ。
イタリアンとフレンチを融合させた創作料理で人気の
「オステリアバスティーユ」がオープンさせたお店です。
といっても、オープンしてから結構時間経ってますが。

「オステリアバスティーユ」がおいしいから、「カフェ バスティーユ」だって
間違いなくおいしいはずなのです。

三条通にあるYMCAから北へ少し上がったところ。
すんごい人気だろうからと、お昼前、オープンしてすぐの
タイミングで乗り込みました。
クールなブラックだけど、可愛らしい外観。

ランチは、4種。

日替わりランチ…900円
バゲットサンドランチ…980円
スープランチ…870円
キッシュランチ…900円

私が頼んだのは、日替わり。
本日の一皿(サラダ添え)+焼きたて自家製パン。

 

この自家製パンの、おいしいこと!
なにか入っててそれがまたいいアクセントになってて
すごくおいしかったのだけど、一体何が入ってたんだっけ。
とりあえず、おいしかった!ということだけ鮮烈に覚えています。

そして、カリカリのフライドポテトの上に、ドーンとメインの豚肉。
結構厚みもあって食べごたえあり。
ピンクペッパー、プチっとはじけていい感じ。

サラダのドレッシングがまたいいのです。
カフェレベルではない、本格的なおいしさ。
店頭で販売もしていました。1本600円。

+200円でコーヒーを。
ここまでで、結構お腹いっぱいになっていたので、
コーヒーいらなかったかも。

次回は「おひとりさま」ランチではなく、誰かと一緒に行って
「おいしいね」「おいしいね」と感動を分かち合いつつ
食べたいなと思ったのでした。


カフェバスティーユ

住所:京都市中京区柳馬場三条上ル油屋町94
電話:075-222-1228
時間:11:30~26:00(LO25:00) 月休

——

右手首が腱鞘炎寸前、肩こりも限界ギリギリというわけで、
取材と取材の空き間(4時間もあったので)に、ここぞとばかり行きつけの鍼灸院へ。
おいしいランチも食べられたし、体も心もゆるゆると解放されて、さぁまた頑張れそう。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。